4K UHDレビュー BDレビュー 劇場アニメ 名作アニメ

ライオン・キング4K-UHD画質・音質レビュー こりゃ画質ダメだ

2020年5月14日

Pocket

ライオン・キング4K-UHDパッケージ表面ディズニーの名作アニメ、「ライオン・キング」の4K-UltraHD / Blu-rayソフトを購入しましたので、画質、音質のレビューをしたいと思います。

どのくらいのクオリティになっているでしょうか?

 

※以下4K-Ultra HD Blu-rayを4K-UHD、Blu-rayをBDと略します。

 

管理人のレビュー方針・評価能力について

ちなみに私、大人気漫画「 キングダム 」でいうと「 麃公 ( ひょうこう ) 将軍」タイプの本能型なので、上手く作品の評論が出来ません。

「良いか悪いか」、「面白いか面白くないか」は直感的に感じられるけど、どこがどうだから面白いか、という細かいところは気にしないし表現出来ません。

ですから、作品に対する深い考察みたいなものはAmazonレビューとかでも上手に語っている方が沢山いらっしゃるのでそちらにお任せします。

基本観て内容が気に入ったものしか買いませんので、パッケージソフトでレビューしてるものはお気に入りの作品ということでご理解ください。

そういうことで画質・音質中心のレビューをしますね。

画質・音質レビューも「綺麗か汚いか」、「音が良いか悪いか」のみで、「コントラスト」がどうの「白浮き」がどうの「ダイナミックレンジ」がどうのみたいなことは判りません。

その代わり、私は「スーパーリアルイラスト」という写真のような絵が描ける能力があり、そのため画像判別能力は普通ではないことを記しておきますので判断材料にしてください。

耳も普通よりは良いと思いますが、なんせもう50才になるので若い頃聞こえてた音が聞き取れなくなっています。

音質面の詳細なレビューは少なめです。

 

作品評価 8点
画質評価 4K-UHD / 3点

BD / 5点

音質評価 4K-UHD / 8点

BD / 6点

※画質評価は「2Kテレビでの評価」で、4K-UHD盤は「4Kテレビのデモ映像」と「2Kテレビで見たyoutubeの8K映像」を10点満点としますのでかなり厳しい点をつけています。

音質評価は音量や音響効果も加味しての点数です。

 

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥4,567 (2020/12/02 10:19:25時点 Amazon調べ-詳細)

 

ライオン・キングBD盤の画質面

ライオン・キング セットのBlu-rayディスク

私が後で買い直した「ダイヤモンド・コレクション版」のBDとは、マスターが違うようです。

 

4K-UHD盤の画調と同じようなので、4K版と同じマスターだと思いますが、輪郭線が薄くクッキリしていません。

決して画質が悪い訳ではありませんが、なんだかパッとしない印象。

 

観る人の好みで別れるとは思いますが、私はダイヤモンド・コレクション版のクッキリはっきりした画調のほうが好みですね。

 

柔らかで優しい画調がお好みならこちらの同梱BDがおすすめです。

 

ライオン・キングBD盤の音質面

 

音声はDTS HDマスターオーディオ7.1ch仕様

 

音響は後方も良く鳴り、音楽が右耳の後ろあたりに定位して歌が前方に定位します。

その音場の周りに効果音が広がる感じですね。

 

雷鳴が重低音を伴って鳴り響き、王の住みかの洞窟内での繊細な響きもリアル。

 

ただ、音質はクリアで非常に良いですが、パワーやダイナミックさは物足りなく感じました。

もう少しエネルギーがあれば良いのですけどね。

 

ライオン・キング4K-UHD盤の画質面

ライオン・キング4K-UHDディスク

4K感ゼロの残念画質

 

あまりの生ぬるい映像に、本物4K画質である「イコライザー」や「ボヘミアン・ラプソディ」、「スターウォーズEP4・EP5」等と同じ4Kという同列でこの製品を持つ事に耐えられなく、ダイヤモンド・コレクション版のBDを買い直しました。

同じディズニーの名作、「アラジン」の4K-UHDも注文していたのですが、これと同じ画質なら買う意味が無いので、注文をキャンセルしたくらいです。

5000円前後の値段の価値はありません。

 

同梱のBlu-rayと同じ画調で、輪郭線がさらに薄く細く感じてメリハリの無い映像。

描線がこれほど目立たないとかなりの違和感があります。

 

なめらかで優しいんだけど、かといって精細感が高いとは感じず、本物のネイティブ4Kらしさが全く見当たらないんですよね。

 

国内、海外に限らず手描きアニメの4K-UHD盤で4K感を感じた事が無いので、そもそも手描きのアニメーションは4K-UHDで出す意味が無いのではないかと思います。

期待していた「AKIRA」もダメでしたからね。

 

しかし、良い点もあります。

古い作品ですが、フィルムグレインの粒子は全く無く、ザラザラした感じがありません。

ディズニー作品は作画枚数がかなり多く、映像のなめらかさが美点の1つなのですが、この4K-UHD盤はキャラクターの動きなどが異様になめらかでディズニー作品らしさがものすごく際立っているんですよね。

 

「ディズニー作品が好きで好きでたまらない人」には素晴らしい映像かもしれません。

 

ライオンキング4K-UHDの音質面

 

音声はドルビーアトモス仕様

 

同梱のBD盤は後方の音がけっこう効いていましたが、4K-UHD盤では音響が全体に前方に片寄ってしまって残念。

 

しかし、音質はかなり違っていて、音の鮮度、リアリティが別物に良くなっています。

 

セリフの生々しさが凄い。

ちょっとした効果音もめっちゃリアル。

雷鳴のシーンも、音のパワーと鮮度が上がっているのでダイナミックさが全く違う。

 

同梱BDで感じたパワーやダイナミックさの不足は解消されていて、不満は無いですね。

 

後方の音の密度や移動感がもっとあればかなり点数が高かったと思います。

 

作品基本情報

 

監督 ロジャー・アレーズ / ロブ・ミンコフ
脚本 ジョナサン・ロバーツ / アイリーン・メッキ / リンダ・ウールヴァートン
制作 ドン・ハーン
製作総指揮 トム・シュマッカー / サラ・マッカーサー
音楽 ハンス・ジマー
主題歌「サークル・オブ・ライフ」 エルトン・ジョン
劇場公開年 1994年公開
キャスト シンバ ( 主人公。王国の王子で、王弟のスカーの策略により王国を去る ) : マシュー・ブロデリック

ティモン ( シンバの親友となるミーアキャット ) : ネイサン・レイン

プンバァ ( ティモンの相棒でシンバの親友となるイボイノシシ ) : アーニー・サベラ

ナラ ( ヒロイン。シンバの幼馴染で後に結ばれる ) : モイラ・ケリー

ムファサ ( 王国の王でシンバの父。王弟の策略により命を落とす ) : ジェームズ・アール・ジョーンズ ( ダース・ベイダー ! )

サラビ ( ムファサの妻でシンバの母。 ) : マッジ・シンクレア

ザズー ( 王国に仕える執事の鳥 ) : ローワン・アトキンソン ( Mr,ビーン ! )

ラフィキ ( 王国の呪術師で年老いたヒヒ。 ) : ロバート・ギローム

スカー ( 王であるムファサの弟。狡猾な悪党で王国の敵 ) : ジェレミー・アイアンズ

シェンジ ( ハイエナトリオのメスのリーダー ) : ウーピー・ゴールドバーグ

バンザイ ( ハイエナトリオで気の荒いオス ) : チーチ・マリン

エド ( ハイエナトリオでいつも笑ってばかりのオス ) : ジム・カミングス

 

製品基本情報

 

発売年 2019年発売
本編時間  4K-UHD / BD共に88分
映像特典 ※BDにのみ収録 ・初公開! NGシーン集

・製作の舞台裏
-『ライオン・キング』の伝説
-『ライオン・キング』:完成までの道のり
-未公開シーン(監督のロジャー・アラーズとロブ・ミンコフによる解説付き)

・音楽の世界
-シング・アロング(英語版)
-エクステンデッド・シーン:♪朝のご報告

・インタラクティブ・アート・ギャラリー

・ティモンとプンバァのブルーレイ3D案内

・音声解説
-ロジャー・アラーズ(監督)、ロブ・ミンコフ(監督)、ドン・ハーン(製作)

ディスク情報 4K-UHD / ディスク1枚/2層収録66GB・H265 / HEVC方式

BD / ディスク1枚/2層収録50GB・H264/AVC方式

映像収録情報 4K-UHD / 16✕9 ( 1.78 :1 )3840✕2160p

BD / 16✕9 ( 1.78 :1 )1920✕1080p

音声収録情報 4K-UHD /ドルビーアトモス 英語

ドルビーデジタルプラス7.1ch 日本語

BD / DTS HDマスターオーディオ7.1ch 英語

DTS HDマスターオーディオ7.1ch 日本語

字幕情報 4K-UHD BD / 共に

日本語字幕

英語字幕

定価 / 実売価格帯 5800円+税 / 4500円前後※記事作成時点の価格ですので変動あり・購入前には必ずご自身でご確認ください
発売元 ウォルト・ディズニー・ジャパン

 

※私の視聴環境

 

金欠なのでビンテージものばかりですが・・・画も音もお気に入りです。

TVモニター

※AVアンプがあるためモニター用途として使用

東芝 CELL REGZA 46XE2
4Kブルーレイレコーダー パナソニック DMR-4W200
AVアンプ パイオニア SC-LX86

→2020/4/25日にDENON AVC-X8500Hにグレードアップ

9chスピーカー ( イマーシブオーディオ非対応→DENON AVC-X8500H購入で対応完了 ) メイン・サラウンド・サラウンドバック=デノン SC-700✕3組

センター=デノン SC-E757✕1本

フロントハイト=KEF Q300 ( リニューアル版 )✕1組

ウーファー ヤマハ YST-SW800✕1基

 

私が未だに4Kテレビを導入しないというか導入できなくなっている理由はこちら↓ 

なぜ4K-UHDなのに2Kテレビでレビューしているのかが分かります。

4Kテレビの画質ってどう思います?その必要性に大きな疑問符が

 

まとめ

 

残念ながら、「これを4K-UHDとして持っていたくない」と思ったくらいに、私としてはガッカリの画質でした。

 

私が「クッキリ・しゃっきり」の画像が好みなためですが、かなりの優しい映像なので、お子さん向けとしては逆に良いのではないかと思います。

 

また、アトモス音声は音質がとても良いのでかなり満足度が高いですよ。

 

音は素晴らしいので捨てがたいのですが、しかし、私は売り払います。

申し訳ない。

 

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥4,567 (2020/12/02 10:19:25時点 Amazon調べ-詳細)

 

4K-UltraHDレビュータイトル一覧

-4K UHDレビュー, BDレビュー, 劇場アニメ, 名作アニメ

Copyright© ハイデフ・マニア|やっぱ高画質じゃないとね! , 2020 All Rights Reserved.