4K UHDレビュー 洋画

アベンジャーズ/エンドゲーム4K-UHD/Blu-rayレビュー本物4K

2020年8月24日

Pocket

アベンジャーズ/エンド・ゲーム4K-UHDパッケージ表面「アベンジャーズ」シリーズの完結編にして、MCUマーベル・シネマティック・ユニバースの完結編とも言える「アベンジャーズ / エンドゲーム」。

 

作品はアクション中心というよりもヒーローたちの内面の心情を中心とした印象で、非常に良い出来です。

その4K-UltraHD盤を購入しましたので、画質、音質のレビューをします。

さて、どのくらいのクオリティになっているでしょうか?

 

※こちらは国内版です。

以下4K-Ultra HD Blu-rayを4K-UHD、Blu-rayをBDと略します。

 

管理人のレビュー方針・評価能力について

ちなみに私、大人気漫画「 キングダム 」でいうと「 麃公 ( ひょうこう ) 将軍」タイプの本能型なので、上手く作品の評論が出来ません。

「良いか悪いか」、「面白いか面白くないか」は直感的に感じられるけど、どこがどうだから面白いか、という細かいところは気にしないし表現出来ません。

ですから、作品に対する深い考察みたいなものはAmazonレビューとかでも上手に語っている方が沢山いらっしゃるのでそちらにお任せします。

基本観て内容が気に入ったものしか買いませんので、パッケージソフトでレビューしてるものはお気に入りの作品ということでご理解ください。

そういうことで画質・音質中心のレビューをしますね。

画質・音質レビューも「綺麗か汚いか」、「音が良いか悪いか」のみで、「コントラスト」がどうの「白浮き」がどうの「ダイナミックレンジ」がどうのみたいなことは判りません。

その代わり、私は「スーパーリアルイラスト」という写真のような絵が描ける能力があり、そのため画像判別能力は普通ではないことを記しておきますので判断材料にしてください。

※ネタバレ感想の「ホテル・ムンバイ」と「ドクター・スリープ」のアイキャッチ画像イラストをご参照。塗り絵ですが私が描いたものです。

耳も普通よりは良いと思いますが、なんせもう50才になるので若い頃聞こえてた音が聞き取れなくなっています。

音質面の詳細なレビューは少なめです。

 

作品評価 10点
画質評価 単品発売のBD /

10点

4K-UHD /

8点

9点に変更

音質評価 単品発売のBD /

5点

4K-UHD /

4点

6点に変更

※画質評価は「2Kテレビでの評価」で、4K-UHD盤は「4Kテレビのデモ映像」と「2Kテレビで見たyoutubeの8K映像」を10点満点としますのでかなり厳しい点をつけています。

音質評価は音量や音響効果も加味しての点数です。

 

※今回は新品購入ではなく中古購入で、同梱のBlu-ray盤が無いためレビュー無しです。

 

停止した所から続きが再生出来るレジューム再生対応。

 

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥6,800 (2020/11/26 22:48:00時点 Amazon調べ-詳細)

 

アベンジャーズ/エンドゲーム4K-UHD盤の画質面

アベンジャーズ/エンド・ゲーム4K-UHDディスク

驚異的な程にノイズの無い超安定映像。

本物の4Kネイティブ映像です。

 

しかし、他の4K-UHDでもよくみられる色彩のピンクっぽさが有ります。

特にオープニングの空にピンク色を感じますね。

ちなみに単品版のBDにはこういう色彩の不自然さはありません。

 

「ディズニーMCU作品の4K-UHDの画質が酷い」とか「4Kじゃない」とか散々に言われているのを良く耳にしますが、私のCELL REGZAで見る限りどうしてそう言われるのかが分からない。

BDよりはるかに高精細な超高画質である事に間違い無いです。

 

例えばオープニングでの背景の林、地面の土や草花などの解像感はひと目見て4K-UHD盤の圧勝ですね。

超絶高画質である単品版BDと比べても、映像の解像感がまるで違います。

これは部分的にではなく、全てのシーンにおいて違います。

 

おそらくですが、酷評されている原因は「フルハイビジョンテレビに映し出した4K-UHD映像」と「4Kテレビに映し出した4K-UHD映像」の印象が全く違う、という所に有るのでしょう。

私の場合では、他のMCU作品4K-UHDの国内版アベンジャーズシリーズでも、他作品の輸入版でも、それぞれ画質が酷いという印象は受けませんでしたから。

 

まあ、4Kテレビに4K-UHDを映し出した映像を見た限りでは、酷評されるのは無理もないかと。

2Kテレビで出るあれだけ繊細で高精細な情報溢れる映像が、最新の48型有機ELの4Kテレビであっても細部が丸つぶれのコテコテ映像になるのですから。

 

私の46型のCELL REGZAとほぼ同サイズの最新モデルで、映し出される映像にいちばん肝心の精細感解像感といった映像の細部情報そのものが2Kテレビよりもはるかに少ないという事、これは画質調整をするしない以前の問題です。

 

今まで、ブラウン管テレビで「525i」解像度の映像規格が「1125i」解像度の映像規格に変わった時も、ブラウン管「1125i」解像度の映像規格が液晶「1920p」解像度の映像規格に変わった時も、もう前の規格には絶対に戻ることが出来ないと思わせる情報量の差がありました。

当然ながら画質調整なんて全くしていなくても初めて映し出した瞬間にケタ違いの映像が映し出されたんです。

 

じゃあ「1920p」規格から「3840p」規格に変わってどうなったか・・・。

確かに店頭で映し出されるメーカーデモ映像はなんの文句もない強烈に素晴らしい映像

 

それでは、実際に私達が楽しめる4K放送や4K-UHDやBlu-ray・BS・地デジは ?

・・・。

 

・・・失礼、話がそれましたので戻しますね。

 

エンドゲームの映像は本物のネイティブ4Kですが、全編安定した高品位映像である反面、ハッとするほどの凄さを感じる所が無いという面も。

ネイティブ4Kの中ではごく普通という印象です。

もう少し質感にキレがあったらな、と思いましたね。

 

2020.9.2追記

このエンドゲームの円盤を購入した時に、盤面にけっこうな数のスリ傷がみられたのですが、問題なく再生が出来たので気にしていませんでした。

しかし、記事のレビューをした時に、一部分がブロックノイズになってフリーズすることが判明。

これじゃあ嫌なので、その後新たに新品状態の4K-UHD盤を買い替えました。

 

そうしたところ、なんと映像のキレが全く違う

光の鋭さ、細部の質感や立体感、さらなる粒子感の無さなど、「キズありの盤」とは全然違うんですよね。

あまりの違いに「これが本来のアベンジャーズ/エンド・ゲームの画質か ! 」と思いました。

 

やっぱりキズが有ることで何らかの弊害が出ていたんでしょうね。

とても素晴らしい映像です。

よって1点プラスの9点評価としました。

 

アベンジャーズ/エンドゲーム4K-UHD盤の音質面

 

音声はドルビーアトモス仕様

 

音量ボリュームはそのままでも観れなくはないですが、ちょっと物足りない。

3デシベル(6メモリ)、いや5デシベル(10メモリ)上げると満足がいきます。

 

天井スピーカー無しのアトモス→True HD7.1ch変換音声

 

まずは天井スピーカー無しの状態でのレビューです。

天井スピーカーを導入してない方も多いと思うので。

 

アクション映画ですが、「サノス」に破壊されてしまった世界からの始まりですから、静か過ぎるくらいの印象。

マーベルのオープニング・ロゴが出る所での雷鳴は迫力もありリアリティ充分。

 

ギターやドラムの音の質感、ボーカルの艶のある歌声など、音質的には良いのですが、音の立体感や臨場感が足りません。

また、戦闘シーンや「このシーンは音響的に面白いだろうな」という所でも音響的なダイナミックさはありません。

後方の音場がほとんど聴こえず、宇宙船が飛び去るシーンでも移動感が全く無いです。

 

ソーがライトニングを使い空から両手にハンマーを引き寄せるシーンでは、一応ですが立体的な音がしますけど・・・。

 

アトモスに切り替えればまた違うのではと思いますが、True HD変換の音を聴く限り感心したり驚いたりする所はほとんど無し。

効果音よりもかなりBGMの方が目立つのもいただけない。

 

前方に音響が片寄ったなんの特徴も無い普通以下の音響ですね。

 

天井スピーカー有りのアトモス7.1.4ch音声

 

続いて天井スピーカーを駆動させた状態で。

天井スピーカーをオンにすると、オープニングの鳥のさえずりやセリフ、物音のリアリティ、全く違いますね。

 

音から、それぞれの俳優が居る場所までの「距離」がちゃんと感じられるようになります。

オープニングの雷鳴の生々しさもまるで違う。

 

「トニー」と「ネビュラ」がゲームに興するシーンのなんてこと無い音響のシーンすら、リアルさが全然違いますよ。

やっぱりアトモスで設計されている音響は天井音声が無いとダメですね。

 

ですが、この音響の向上は前方の音場に限ったこと

天井音声を追加しても後方の音場やアクション・シーンの音の移動感が薄いのは同じ。

 

これだけの大作映画で、内容も完結に相応しい素晴らしいものなのに、この音響設計のショボさはどうした事か。

アクアマン」くらいの緻密な音響が施されていて然るべきなのに、驚くほど空間の立体感が感じられない。

完全に音場が前方に片寄り、自分の後ろ側からはほとんど何も聴こえません。

 

あまりに聴こえないのでスピーカーから音が出てるのかどうか確認したほどです。

音はちゃんと全てのスピーカーから出てたので、端子の接触不良とかではありませんでした。

DENONのX8500Hは異様なほど後方の音場が濃密なので、このアンプでこれなら相当にショボいんですね。

 

「おおっ!」と感心するような複雑な音に包み込まれる事もありません。

寂しすぎるでしょ、これ。

 

物語が良いのでグイグイ引き込まれて観てしまってレビューに意識が行かなくなるので音響的に不満が無いように感じてしまいますが、音響のみに意識を集中すると本当にショボいです。

ちなみに単品版のBDでも同じ傾向で後方の音が薄すぎるので、元々の音響設計が全くダメという事でしょう。

 

せっかくのアトモス音声なのに、これははっきり言って全く満足出来るものではありませんね。

すごく残念。

 

2020.9.2追記

キズ無し新品の購入で、音響もわずかながら向上がみられました。

後方音場が薄いのは同じですが、音のキレが良くなり、前方音場が視聴位置の横より少し後ろまで広がりました。

ハンマーが飛んでくる移動感も少しだけ音が複雑になり向上。

 

単品版のBDよりは明らかに良いので、6点まで評価を上げました。

盤面のキズって関係ないのかと思っていたら、4Kのレベルになるとクオリティに影響があるんですね~。

 

作品基本情報

情報を開く

監督 アンソニー・ルッソ / ジョー・ルッソ
脚本 クリストファー・マルクス / スティーヴン・マクフィーリー
原作 スタン・リー / ジャック・カービー
制作 ケヴィン・ファイギ
音楽 アラン・シルヴェストリ
劇場公開年 2019年公開
キャスト トニー・スターク / アイアンマン ( キャップと反目しながらも自分の信念に従い世界を守ろうとするアベンジャーズの中心的人物。超ナノテクのアイアンスーツに身を包み戦う。前作での生き残り組 ) : ロバート・ダウニー・Jr

スティーブ・ロジャース / キャプテン・アメリカ( スーパーソルジャーとして人体改造された第二次世界大戦の英雄。70年もの間コールドスリープとなっていた。アベンジャーズのリーダー。前作での生き残り組 ) : クリス・エヴァンス

ブルース・バナー / ハルク( 過去にガンマ線を大量に浴びたため、激怒したり興奮したりすると緑色の怪物“ハルク”に変身してしまうようになった天才生物学者。本作では自身に大きな変化がある。アベンジャーズの一員。前作での生き残り組 ) : マーク・ラファロ

ソー ( 神の国アスガルドの新しい王で雷神。アベンジャーズの中でもトップクラスの力を持つが魔人サノスに完敗している。アベンジャーズの一員。前作での生き残り組) : クリス・ヘムズワース

ピーター・パーカー / スパイダーマン ( 毒グモに噛まれたことにより超人的な力を持つようになった高校生。アベンジャーズの一員で、トニーとは特別な関係となっている。前作での消滅組 ) : トム・ホランド

ナターシャ・ロマノフ / ブラック・ウィドウ ( スーパー・パワーを持たない普通の人間であるが、類まれな戦闘力を持ち、崩壊していたアベンジャーズでも中心的な役割を果たしている。世界最強の女スパイ。前作での生き残り組 ) : スカーレット・ヨハンソン

スコット・ラング / アントマン ( ピム粒子という物体の大きさを変えられる粒子を使った特殊なスーツで体のサイズを変化させ戦う。今作では彼の存在がサノス打倒の鍵となる。一応前作での生き残り組 ) : ポール・ラッ

キャロル・ダンヴァース / キャプテン・マーベル ( アメリカ空軍の元テストパイロットの地球人であったが、スクラルに襲われ重傷を負い、クリー人の輸血を受けたため超人となった過去を持つ。名前に現れているとおり最強の力を持ち、今作でも戦局を大きく変える。前作での生き残り組) : ブリー・ラーソン

スティーヴン・ストレンジ / ドクター・ストレンジ ( 元天才外科医で大きな力を持つ魔術師。タイム・ストーンの守護者。前作での消滅組 ) : ベネディクト・カンバーバッチ

ティ・チャラ / ブラック・パンサー ( アフリカにある、ヴィブラニウムという特殊なパワーの元と、現代よりはるかに進んだ科学技術を持つ「ワカンダ国」の国王。ヴィブラニウム由来のスーパー・パワーを持つ。前作での消滅組 ) : チャドウィック・ボーズマン

ピーター・クイル / スター・ロード ( 銀河中を飛び回るトレジャーハンター、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのリーダー。少年時代の1988年に、ラヴェジャーズによって拉致され、その後リーダーのヨンドゥに育てられた。エイリアンと地球人のハーフ。) : クリス・プラット

ニック・フューリー ( 元S.H.I.E.L.D.長官。 アベンジャーズ計画の発案者で司令官だった。前作での消滅組 ) : サミュエル・L・ジャクソン

クリント・バートン / ホークアイ ( ブラック・ウィドウと同じく普通の人間だが、弓の名手であるが刀の達人でもあり戦闘力が高く、前作のあと暗殺者となっている。前作での生き残り組 ) : ジェレミー・レナー

ジェームズ・“ローディ”・ローズ / ウォーマシン ( アイアンマンの量産型とも言えるウォー・マシンに身を包み戦うアベンジャーズの一員。下半身をアーマーを付けることで動かしている。 前作での生き残り組) : ドン・チードル

ロケット ( アライグマの容姿をしたガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバー。生き残ったアベンジャーズに宇宙船のパイロットとして力を貸す。前作での生き残り組) : ブラッドリー・クーパー

ネビュラ ( サノスの義理の娘で、ガモーラの義理の妹。サノスの手先であったが、本作ではトニーを助けアベンジャーズ側に付く。 ) : カレン・ギラン

ペッパー・ポッツ / レスキュー ( スターク・インダストリーズのCEOでトニーの妻。本作ではアイアン・スーツをまとい戦いに参加する。) : グウィネス・パルトロー

サム・ウィルソン / ファルコン ( 元パラシュート部隊所属で翼を持つスーツにて戦う。前作での消滅組で、今作では最終決戦にて登場。) : アンソニー・マッキー

ワンダ・マキシモフ / スカーレット・ウィッチ( マインド・ストーンを利用したヒドラの人体実験で、赤い光を放つ強力なテレキネシス、マインドコントロールなどの特殊能力を得た強化人間。前作での消滅組で、今作では最終決戦にて登場。) : エリザベス・オルセン

バッキー・バーンズ / ウィンター・ソルジャー ( ヒドラによって暗殺者「ウィンター・ソルジャー」に仕立て上げられたキャップの元親友。前作での消滅組で、今作では最終決戦にて登場。) : セバスチャン・スタン

ウォン ( 魔術師の総本山“カマー・タージ”の書庫の番人。ストレンジの盟友である魔術師。今作では最終決戦にて登場。) : ベネディクト・ウォン

ホープ・ヴァン・ダイン / ワスプ ( ハンク・ピム博士とジャネット・ヴァン・ダインの娘。2代目ワスプ。前作での消滅組で、今作では最終決戦にて登場。) : エヴァンジェリン・リリー

ガモーラ ( ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバー。サノスの養女でネビュラの義姉。前作でサノスに殺された。今作では過去のシーンで登場。) : ゾーイ・サルダナ

ドラックス ( 全身に立体的な入れ墨のある巨漢でガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバー。前作での消滅組で、今作では最終決戦にて登場。) :  デイヴ・バウティスタ

グルート ( アイ・アム・グルートとだけ喋る木人で、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバー。前作での消滅組で、今作では最終決戦にて登場。) : ※声 :  ヴィン・ディーゼル

マンティス ( 額に触角がある人の心が操れる女性宇宙人で、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバー。前作での消滅組で、今作では最終決戦にて登場。) : ポム・クレメンティエフ

ロキ ( 前作でサノスに殺された。今作では過去のシーンで登場。) : トム・ヒドルストン

サノス ( 全宇宙の生命体の半分を消し去り宇宙の均衡を保つことを目標にし、前作では6つのインフィニティ・ストーンをその手に収めその信念を実行した。タイタン星人で、異常な戦闘力を持つ紫色の魔人。 ) : ジョシュ・ブローリン

アキヒコ ( 東京を根城にする日本のやくざ。暗殺者となっていたホークアイに狩られる。 ) : 真田広之

※Wikipedia参照

 

製品基本情報

アベンジャーズ/エンド・ゲーム4K-UHDパッケージ裏面

情報を開く

発売年 2019年発売
本編時間 BD / 4K-UHD共に181分
映像特典※BD盤にのみ収録 ・音声解説

<アンソニー&ジョー・ルッソ ( 監督 ) クリストファー・マルクス ( 脚本 ) スティーブン・マクフィーリー ( 脚本 )>

※初回生産分にのみ舞台裏などの特典ディスクが付いてました。

ディスク情報 4K-UHD/ディスク1枚/2層収録100GB・H265/HEVC方式

BD/ディスク1枚/2層収録50GB・H264/AVC方式

映像収録情報 4K-UHD / 16✕9 ( 2.39 :1 ) 3840✕2160p

BD / 16✕9 ( 2.39 :1 ) 1920✕1080p

音声収録情報 4K-UHD / ドルビーアトモス 英語

ドルビーデジタルプラス7.1ch 日本語

BD / DTS HDマスター・オーディオ7.1ch 英語

DTS-HDハイ・レゾリューション・オーディオ7.1ch 日本語

字幕情報 BD / 4K-UHD共に

日本語字幕

英語字幕

日本語吹き替え用字幕

定価 / 実売価格帯 8000円+税 / 7000円前後※記事作成時点の価格ですので変動あり・購入前には必ずご自身でご確認ください
発売元 ウォルト・ディズニー・ジャパン

 

※私の視聴環境

 

情報を開く

金欠なのでビンテージものばかりですが・・・画も音もお気に入りです。

注※2020年8月22日追記・仮に金があっても「今の全ての4Kテレビは買う価値ゼロ」なので手持ちのテレビが壊れない限り絶対に買いません。

TVモニター

※AVアンプがあるためモニター用途として使用

東芝 CELL REGZA 46XE2
4Kブルーレイレコーダー パナソニック DMR-4W200
AVアンプ パイオニア SC-LX86

→2020/4/25日にDENON AVC-X8500Hにグレードアップ

9ch ( 7.1.2ch構成 ) スピーカー ( イマーシブオーディオ非対応→DENON AVC-X8500H購入で対応完了 )2020年6月5日に11ch ( 7.1.4ch構成 ) スピーカー ( 地上7.1ch / 天井4ch ) のイマーシブオーディオに完全対応 地上・メイン=デノンSC-700→SC-900✕1組にグレードアップ

地上・センター=デノンSC-E757✕1本

地上・サラウンド・サラウンドバック=デノン SC-700✕2組

天井・フロントハイト=KEF Q300 ( version up )→イクリプス TD508Mk3✕1組にグレードアップ

天井・リアハイト=メインに使用していたデノン SC-700✕1組を追加

0.1ch ウーファー ヤマハ YST-SW800✕1基

私が未だに4Kテレビを導入しないというか導入できなくなっている理由はこちら↓ 

なぜ4K-UHDなのに2Kテレビでレビューしているのかが分かります。

4Kテレビの画質ってどう思います?その必要性に大きな疑問符が

 

まとめ

 

作品は満点以上のもので、映像も本物の4Kネイティブです。

※4Kテレビでご覧の方は全くダメな可能性が高いです。

 

しかし、これだけの超大作にも関わらず音響設計がショボすぎます。

普通に観るぶんには問題ないかもしれませんが、音響の凄さを期待して買うとガッカリしますよ。

 

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥6,800 (2020/11/26 22:48:00時点 Amazon調べ-詳細)

 

4K-UltraHDレビュータイトル一覧

 

-4K UHDレビュー, 洋画

Copyright© ハイデフ・マニア|やっぱ高画質じゃないとね! , 2020 All Rights Reserved.