BDレビュー 洋画

エイリアンBlu-ray(エイリアンアンソロジーBOX版)レビュー

2020年1月1日

Pocket

エイリアン アンソロジー ブルーレイBOX版BDパッケージ表面エイリアンBlu-ray ( エイリアン アンソロジー ブルーレイBOX 版 ) のレビューです。

 

単品ではなく、1作目から4作目までをパッケージにしたBlu-ray BOXに収録の第1作目エイリアン盤になります。

エイリアン アンソロジー ブルーレイBOX版BDディスク表面

 

エイリアンの「制作40周年記念版」の4K-Ultra HD Blu-rayが発売されたので比較のために記事にしました。

※以下、4K-Ultra HD Blu-ray4K-UHDBlu-rayBDと略します。

 

この作品も、もはや説明の必要もない大名作。

出来るだけ良い品質で手元に置きたいですよね。

 

ということで、気になる画質・音質を検証してみました。

どのくらいの画質・音質になっているのでしょうか?

 

管理人のレビュー方針・評価能力について

ちなみに私、大人気漫画「 キングダム 」でいうと「 麃公 ( ひょうこう ) 将軍」タイプの本能型なので、上手く作品の評論が出来ません。

「良いか悪いか」、「面白いか面白くないか」は直感的に感じられるけど、どこがどうだから面白いか、という細かいところは気にしないし表現出来ません。

ですから、作品に対する深い考察みたいなものはAmazonレビューとかでも上手に語っている方が沢山いらっしゃるのでそちらにお任せします。

基本観て内容が気に入ったものしか買いませんので、パッケージソフトでレビューしてるものはお気に入りの作品ということでご理解ください。

そういうことで画質・音質中心のレビューをしますね。

画質・音質レビューも「綺麗か汚いか」、「音が良いか悪いか」のみで、「コントラスト」がどうの「白浮き」がどうの「ダイナミックレンジ」がどうのみたいなことは判りません。

その代わり、私は「スーパーリアルイラスト」という写真のような絵が描ける能力があり、そのため画像判別能力は普通ではないことを記しておきますので判断材料にしてください。

耳も普通よりは良いと思いますが、なんせもう50才になるので若い頃聞こえてた音が聞き取れなくなっています。

音質面の詳細なレビューは少なめです。

 

作品評価 9点
画質評価 8点
音質評価 6点

※画質は2Kフルハイビジョンテレビでの評価で、音質評価は音響効果も含めての点数です。

 

ディスクは劇場公開版とディレクターズカット版の本編2つを同時収録。

検証は劇場公開版で行いました。

 

レジューム再生対応。

設定も前回のままで続きが観れます。

 

字幕は読みやすい明るさとなっていますね。

 

エイリアン ( アンソロジーBOX版 )BD盤の画質面

 

オープニングからかなりの高精細映像。

 

フィルムグレイン感は少しありますが気にならないほど。

ノイズが出がちな薄暗いところも大丈夫です。

 

※まだ作品を観たことがない方はここからは一部ネタバレ部分が含まれますので飛ばしてください

観たことがある方はこちらをクリック

真上を通るノストロモ号の船体には、良く見るとノイズがあります。

しかし船内に場面が移ると、とても40年前の撮影とは思えない精細感です。

通路の端までくっきり写っています。

 

船内の質感がかなり良く、ノイズもほとんど見当たらないです。

船員がスリープから目覚めるシーンも素晴らしい。

 

マザーの部屋の光も綺麗だし、パソコン画面に映る青緑の文字が昔のものとは思えない鮮明さ。

操縦室の操作盤のカラフルなランプが目に鮮やかですね。

 

ノストロモ号の外観は、場面によってボヤけている時と鮮明な時があります。

船体通路内は暗い場所が多く、画面に表示される黒も締まっていますが、どうなっているのかは良く見えます。

 

宇宙空間には、良く締まった黒に明るい星々がくっきりと浮かびます。

惑星に降りるところでは、ノストロモ号の細かいディテールが良く分かるし、宇宙空間の星雲など、ここまでしっかり再現されていたんだ、と改めて気が付きました。

 

惑星上の景色も良く見えるし、そこにある異星人の「異形」の船も見事に細部まで見えます。

 

探索に入った異星人の船の中での、宇宙服のライトに照らし出される船内壁面の「不気味なツヤめき」が気持ち悪い。

アップになった壁面や宇宙服の質感が素晴らしいです。

 

有名な異星人の「砲座」も、化石化した異星人も素晴らしく鮮明。

「H.R.ギーガー」デザインのディテールが良く再現されてて素晴らしい。

 

エイリアンエッグを発見するシーンでは青いレーザー光がとても繊細に写っています。

口を開いたエイリアンエッグが内臓のようでグロい。

 

それにしても、「フェイス・ハガー」といい、「エイリアンの幼・成体」といい、今見てもデザインと造形の出来がハンパなく良いです。

 

胸を食い破って出てくる「チェスト・バスター」の、動脈のようなものが脈打っているのも凄いこだわり。

 

人の顔、エイリアンの顔、猫の顔など、ハンパなく鮮明です。

火炎放射機の炎も本物のようなリアルさ。

 

どの場面でも鮮明な画質です。

 

出演者の肌質感も良く分かります。

顔のアップなども、毛穴まで写し出されていて、凄いリアリティがあります。

 

BDとしてはかなり優秀で、1979年の作品としては驚異的な高画質。

正直全く不満は感じませんね。

 

エイリアン ( アンソロジーBOX版 ) BD盤の音質面

 

音声はDTS HD マスターオーディオ5.1ch仕様。

 

静かなシーンが多いのですが、音質は鮮明で良く聞こえます。

セリフもしゃっきり。

非常に良く聞こえます。

 

※まだ作品を観たことがない方はここからは一部ネタバレ部分が含まれますので飛ばしてください

観たことがある方はこちらをクリック

船員が長期スリープから起きて食事をする場面でも、食器などの物音が刺さるくらいに尖鋭です。

ちょっと音の響き的に古さもあるけども、良い音質ですね。

 

ただ、音場は前方に片寄り、後ろからの音はほとんど聞こえません。

その代わり、左右には良く広がります。

 

惑星への探査船の着陸シーンは控えめですが轟音が鳴り響きます。

 

惑星上の強風も轟音で、終始不気味な響きを奏でます。

 

「エイリアン・エッグ」を見つけ、「フェイス・ハガー」に襲われる場面、襲撃音がとても鋭い。

 

前半静かだった音響も、後半はサイレンやアラート音、排気音のオンパレードで緊迫感を煽ります。

 

40年も前の音声としては非常に良い音だと思います。

リミックスは控えめで、ステレオ音声の延長線上の音場空間だなぁ、と感じますね。

 

作品基本情報

 

監督 リドリー・スコット
脚本 ダン・オバノン
原案 ダン・オバノン / ロナルド・シャセット
制作 ゴードン・キャロル / デヴィッド・ガイラー / ウォルター・ヒル
製作総指揮 ロナルド・シャセット
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
劇場公開年 1979年公開
キャスト エレン・リプリー : シガニー・ウィーバー

アーサー・ダラス : トム・スケリット

ギルバート・ケイン : ジョン・ハート

アッシュ : イアン・ホルム

デニス・パーカー : ヤフェット・コットー

サミュエル・ブレット : ハリー・ディーン・スタントン

ジョーン・ランバート : ヴェロニカ・カートライト

 

製品基本情報

 

発売年 2010年発売
本編時間 劇場公開版117分 / ディレクターズ・カット版116分
映像特典 ( ディスク1=「エイリアン」収録分 ) ・リドリー・スコット監督による音声解説 ( 劇場公開版のみ )

・リドリー・スコット監督によるイントロダクション ( ディレクターズ・カット版のみ )

・ミュージック・トラック インデックス付き( 劇場公開版のみ )

・作曲者によるオリジナル・ミュージック・トラック インデックス付き( 劇場公開版のみ )

・未公開シーン集 インデックスおよび表示機能付き

・"マザー"モード : 音声特典 / 映像特典 / ウェイランド・ユタニ社データベース / マイデータ・リスト

ディスク情報 ディスク1枚/2層収録50GB・H264/AVC方式
映像収録情報 16✕9 ( 2.35:1 )1920✕1080p
音声収録情報 DTS HD マスター・オーディオ5.1ch英語

DTS 5.1ch日本語

字幕情報 日本語字幕

英語字幕

定価 / 実売価格帯 15800円+税 / 6000円前後※記事作成時点の価格ですので変動あり・購入前には必ずご自身でご確認ください
発売元 株式会社 20世紀・フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

 

※私の視聴環境

 

金欠なのでビンテージものばかりですが・・・画も音もお気に入りです。

TVモニター

※AVアンプがあるためモニター用途として使用

東芝 CELL REGZA 46XE2
4Kブルーレイレコーダー パナソニック DMR-4W200
AVアンプ パイオニア SC-LX86
9chスピーカー ( イマーシブオーディオ非対応 ) メイン・サラウンド・サラウンドバック=デノン SC-700✕3組

センター=デノン SC-E757✕1本

フロントトップ=KEF Q300 ( リニューアル版 )✕1組

ウーファー ヤマハ YST-SW800✕1基

 

まとめ

 

4K-UHD版が発売された現在ですが、BD盤として充分な品質になっています。

 

記事作成時点で新品が6000円台、中古だと3000円台で ( どちらも要確認 ) 購入出来るみたいなので、セット版が欲しければ選択肢にしてもいいと思いますよ。

ただ、特典映像が少なくていいなら、単品で買うほうが安いかな?

 

このセットで買えば、専用の5時間映像特典が収録されたBD盤と、過去のレーザーディスクやDVDに収録されていた特典映像を網羅したBD盤も手に入ります。

 

【中古】洋画Blu-ray Disc エイリアン・アンソロジー Blu-ray BOX [初回生産限定]

※新品は手に入りづらくなっているようです。

 

-BDレビュー, 洋画

Copyright© ハイデフ・マニア|やっぱ高画質じゃないとね! , 2020 All Rights Reserved.