4K UHDレビュー BDレビュー 洋画

今そこにある危機4K-UHD/Blu-rayレビュー高画質と低画質が同居

2020年5月22日

Pocket

今そこにある危機4K-UHDパッケージ表面コロンビアの麻薬カルテルを私怨で潰そうとするアメリカ大統領の陰謀を描く「ジャック・ライアンシリーズ」の傑作、「今そこにある危機」の4K-Ultra HD / Blu-rayのレビューです。

 

既発売だったBlu-ray盤は標準的な画質でした。

4K-Ultra HD盤はどれくらいのクオリティになっているのでしょうか?

 

見比べてみたので、参考にしてください。

 

※以下4K-Ultra HD Blu-rayを4K-UHD、Blu-rayをBDと略します。

 

管理人のレビュー方針・評価能力について

ちなみに私、大人気漫画「 キングダム 」でいうと「 麃公 ( ひょうこう ) 将軍」タイプの本能型なので、上手く作品の評論が出来ません。

「良いか悪いか」、「面白いか面白くないか」は直感的に感じられるけど、どこがどうだから面白いか、という細かいところは気にしないし表現出来ません。

ですから、作品に対する深い考察みたいなものはAmazonレビューとかでも上手に語っている方が沢山いらっしゃるのでそちらにお任せします。

基本観て内容が気に入ったものしか買いませんので、パッケージソフトでレビューしてるものはお気に入りの作品ということでご理解ください。

そういうことで画質・音質中心のレビューをしますね。

画質・音質レビューも「綺麗か汚いか」、「音が良いか悪いか」のみで、「コントラスト」がどうの「白浮き」がどうの「ダイナミックレンジ」がどうのみたいなことは判りません。

その代わり、私は「スーパーリアルイラスト」という写真のような絵が描ける能力があり、そのため画像判別能力は普通ではないことを記しておきますので判断材料にしてください。

耳も普通よりは良いと思いますが、なんせもう50才になるので若い頃聞こえてた音が聞き取れなくなっています。

音質面の詳細なレビューは少なめです。

 

作品評価 8点
画質評価 BD / 8点

4K-UHD / 5点

音質評価 BD / 7点

4K-UHD / 9点

※画質評価は「2Kテレビでの評価」で、4K-UHD盤は「4Kテレビのデモ映像」と「2Kテレビで見たyoutubeの8K映像」を10点満点としますのでかなり厳しい点をつけています。

音質評価は音量や音響効果も加味しての点数です。

 

 

今そこにある危機のBD盤の画質面

今そこにある危機Blu-rayディスク2

既発売のBD盤とは画質が全く違いますよ。

 

マスターが4K-UHD盤と同じものだと推測します。

細部が潰れ気味だった既発売版とは違い、しっかりと情報が出ていますね。

 

フィルム・グレインは目立ちますが、嫌な感じではなく、既発売版で感じたノイズでは無くなっています。

良く使われる表現ですが、ベールが一枚剥がされたよう。

 

人物の顔の質感がかなり上がっています。

 

古い作品という事を考えれば、BD盤としては充分と言える画質ですね。

 

スナイパーの力量をはかる草原のシーンなどはかなりの精細感で感心します。

 

今そこにある危機のBD盤の音質面

 

音声はドルビーTrue HD5.1ch仕様

 

既発売のBD盤は音量ボリュームが小さくて、かなり上げないといけませんでした。

この同梱版でも同じように音量ボリュームが極小で、7デシベル ( 14メモリ ) 上げて満足いくレベルになります。

 

音質は良くなっている印象。

 

音響は前方にかなり片寄っていて、ほとんど後方の音響が感じられません。

だけど、「緊迫感を煽る音楽」や「ちょっとした喧騒音」、カルテルのボスの邸宅爆破シーンなど、明らかに既発売版から音質・音響が良くなっています。

 

アメリカ海軍の空母や戦闘機も出てきますが、迫力あるダイナミックな音響効果が堪能出来ますよ。

 

今そこにある危機の4K-UHD盤の画質面

今そこにある危機4K-UHDディスク

パラマウント作品の4K-UHD盤は、必ず最初に各国への注意書きが相当長く表示されてイライラしますね。

どうにかならないのかなといつも思います。

また、停止した所から続きが再生出来るレジューム再生には対応していません。

これも不便ですね。

 

気を取り直して。

 

画質はさすがで、質感が過去のBD盤とは比較になりません。

同梱のBD盤と比べても圧倒的な差があります。

 

オープニングの海のシーンでは、一部で「海の波の感じのリアルさ」や、「上空から遠景で撮影された場面の、船の軌跡に見られる水中の泡の深さ」が感じ取れるなど、BDでは感じる事が無かった本物らしいリアルさがあります。

 

ただ残念なことに、情報が掘り起こされてフィルム・グレインが逆に増えていて、オープニングからノイズ感が強くなっているシーンが増えています。

特に室内シーンなどではかなり目立ちますね。

 

「グリーア提督」と主人公「ジャック」がCIA本部で会うシーンでは、「ブレードランナー」のようにザラザラとなっていて、しかも色彩が薄くかなり違和感のある状態です。

その後の大統領たちとの会合シーンでもなのですが、これがかなり酷い。

ここだけHDR調整でも失敗したんですか?という、色が抜けてしまってる感じと画質の悪さなんですよね。

 

どうみてもここは同梱のBD盤のほうが自然な色彩でノイズも無く高画質。

残念ながら、そういうシーンが多数確認出来ました。

 

試しにHDR調整を未調整にすると目立たなくなり精細感が上がりますが、画面がかなり暗くなってしまいます。

HDR調整を頑張っても色が抜けているのは変わらないし、調整するかどうかは好みによりますね。

 

しかし、「ノイズが目立つ状態になる調整値のまま」であっても、屋外の陽光下の場面ではノイズの無い素晴らしい映像が見られます。

 

スナイパーの採用審査の草原シーンなんかは、作品の古さを感じさせない高い精細感で、ネイティブ4Kと言えるくらいの超高画質です。

4K-UHD盤でこのシーンは何度かチェックしてますが、何度見ても感心しますよ。

 

撮影時のフィルムが違うのか、室内など狭い範囲を撮影しているシーンは画像がザラザラと荒く、屋外など広範囲を撮影しているシーンは解像度の高い4Kらしい感じがありますね。

おそらく「ブレードランナー」と同じで、画面にフィルム・グレインやノイズを感じないシーンは70mmフィルムで撮影されているのではないでしょうか?

シーン変更でいきなり画質が激変するので。

 

見せ場のシーンは値段の高い70mmフィルムを使い、それ以外のシーンは35mmフィルムで予算カットというパターンでしょうね。

 

高画質と低画質が同居してますから本物の4Kネイティブ映像とは言えませんが、Blu-rayには出せないレベルの場面が多数ありました。

 

う~ん、それにしても作品が良いだけにとても勿体ない。

「ブレードランナー」と同じで残念極まりないですよ。

 

今そこにある危機の4K-UHD盤の音質面

 

音声はドルビーTrue HD5.1ch仕様

 

これも音量ボリュームが小さく、ボリュームメモリを7デシベル( 14メモリ ) 上げてやっと満足出来るレベルになります。

 

音響は同梱のBD盤と比べても効果が良くなっています。

全くの別物ですね。

 

後方の音もしっかり感じられ、前方とのつながりが出たため、効果音のリアリティや音に包まれる感じが格段に向上。

音質も鮮度が別物になっていて、臨場感が素晴らしいです。

 

銃撃戦や爆破の音のリアルさ、静かなシーンでのちょっとした物音の繊細さなど非常に良い。

BD盤には感じられなかった「戦闘機やヘリの音の移動感」もバッチリです。

 

大袈裟な演出がなく、リアルな音響なのが良い。

 

4K-UHD盤に相応しい音に仕上がっていますね。

とても素晴らしいです。

 

作品基本情報

 

監督 フィリップ・ノイス
脚本 ドナルド・スチュワート / スティーヴン・ザイリアン / ジョン・ミリアス
原作

「今そこにある危機」

トム・クランシー
制作 メイス・ニューフェルド / ロバート・レーメ
音楽 ジェームズ・ホーナー
劇場公開年 1994年公開
キャスト ジャック・ライアン ( 主人公。 CIAの情報アナリスト。) : ハリソン・フォード

ジョン・クラーク ( CIA工作員を束ねる現場の司令官。 ) : ウィレム・デフォー

ジェームズ・グリーア ( CIA副長官でジャックの上司。病気に倒れ亡くなってしまう ) : ジェームズ・アール・ジョーンズ

ドミンゴ・シャベス ( 陸軍軍曹。凄腕のスナイパーでコロンビア潜入の工作員となる ) : レイモンド・クルス

ラミレス ( 陸軍大尉。コロンビアへ潜入する特殊部隊の指揮官だがカルテルに捕らえられてしまう ) : ベンジャミン・ブラット

エドワード・ベネット ( アメリカ合衆国大統領。 ) : ドナルド・モファット

ジェームズ・カッター ( 大統領補佐官。大統領の意を受けてカルテル撲滅作戦を指揮する ) : ハリス・ユーリン

ロバート・リッター ( CIA作戦担当副長官。カッター補佐官の右腕として暗躍する) : ヘンリー・ツェニー

キャシー・ライアン ( ジャックの妻。ジョンズ・ホプキンス大学病院に勤める眼科医 ) : アン・アーチャー

エルネスト・エスコベド ( 麻薬組織「カリ・カルテル」のボス ) : ミゲル・サンドバル

フェリックス・コルテズ ( 麻薬組織「カリ・カルテル」の参謀。ボスを裏切るラテン系のジャック ) : ジョアキム・デ・アルメイダ

 

製品基本情報

 

発売年 2018年発売
本編時間 BD / 4K-UHD共に 141分
映像特典※BD盤にのみ収録 ・メイキング

・オリジナル劇場用予告編

ディスク情報 4K-UHD/ディスク1枚/2層収録66GB・H265/HEVC方式

BD/ディスク1枚/2層収録50GB・H264/AVC方式

映像収録情報 4K-UHD / 16✕9 ( 1.78 :1 )3840✕2160p

BD / 16✕9 ( 1.78 :1 )1920✕1080p

音声収録情報 4K-UHD / ドルビーTrueHD5.1ch 英語

2.0chドルビーサラウンド日本語

BD / ドルビーTrueHD5.1ch 英語

2.0chステレオ

字幕情報 BD / 4K-UHD共に

日本語字幕

英語字幕

定価 / 実売価格帯 5990円+税 / 5000円前後※記事作成時点の価格ですので変動あり・購入前には必ずご自身でご確認ください
発売元 NBCユニバーサル・エンターテイメント

 

※私の視聴環境

 

金欠なのでビンテージものばかりですが・・・画も音もお気に入りです。

TVモニター

※AVアンプがあるためモニター用途として使用

東芝 CELL REGZA 46XE2
4Kブルーレイレコーダー パナソニック DMR-4W200
AVアンプ パイオニア SC-LX86

→2020/4/25日にDENON AVC-X8500Hにグレードアップ

9chスピーカー ( イマーシブオーディオ非対応→DENON AVC-X8500H購入で対応完了 ) メイン・サラウンド・サラウンドバック=デノン SC-700✕3組

センター=デノン SC-E757✕1本

フロントハイト=KEF Q300 ( リニューアル版 )✕1組

ウーファー ヤマハ YST-SW800✕1基

 

私が未だに4Kテレビを導入しないというか導入できなくなっている理由はこちら↓ 

なぜ4K-UHDなのに2Kテレビでレビューしているのかが分かります。

4Kテレビの画質ってどう思います?その必要性に大きな疑問符が

 

まとめ

 

残念ながら4K-UHD盤にはノイズが多い場面が多数あり、フィルム・グレイン嫌いの私には不満がありました。

 

また何故か、同梱のBDでは良好な画質だったシーンも、調整失敗でもあったかのように不自然に画質が悪くて困惑しましたね。

何故、同梱のBD盤よりも画質が不自然なのか不思議です。

 

まあでも、ネイティブではないですが、4Kらしさが感じられる所も多かったですね。

 

音質、音響に関しては文句無しのリアリティで大満足。

 

画質面ではかなりの不満はありましたが、それでも好きな作品なので買って失敗だったとは思いません。

 

 

前作「レッド・オクトーバーを追え ! 」のレビューはこちら

4K-UltraHDレビュータイトル一覧

-4K UHDレビュー, BDレビュー, 洋画

Copyright© ハイデフ・マニア|やっぱ高画質じゃないとね! , 2020 All Rights Reserved.