4K UHDレビュー BDレビュー 洋画

マン・オブ・スティール4K-UHD/Blu-rayレビュー中々良いね

Pocket

マン・オブ・スティール4K-UHDパッケージ表面

「300スリー・ハンドレッド」を手掛けた「ザック・スナイダー」監督が「スーパーマン」誕生の物語を描いた「マン・オブ・スティール」。

 

その4K-UltraHDのパッケージソフトを中古で安く手に入れることが出来ましたので、その画質・音質をチェックしてみました。

これが思ってた以上に優良盤だったので、レビューさせて頂きます。

 

ご購入の参考にお役立て下さい。

 

こちらは国内版で、4K-UltraHD盤と2KBlu-ray盤のセットとなっています。

そのどちらもレビューしたいと思います。

※以下4K-Ultra HD Blu-rayを4K-UHD、Blu-rayをBDと略します。

 

管理人のレビュー方針・評価能力について

ちなみに私、大人気漫画「 キングダム 」でいうと「 麃公 ( ひょうこう ) 将軍」タイプの本能型なので、上手く作品の評論が出来ません。

「良いか悪いか」、「面白いか面白くないか」は直感的に感じられるけど、どこがどうだから面白いか、という細かいところは気にしないし表現出来ません。

ですから、作品に対する深い考察みたいなものはAmazonレビューとかでも上手に語っている方が沢山いらっしゃるのでそちらにお任せします。

基本観て内容が気に入ったものしか買いませんので、パッケージソフトでレビューしてるものはお気に入りの作品ということでご理解ください。

そういうことで画質・音質中心のレビューをしますね。

画質・音質レビューも「綺麗か汚いか」、「音が良いか悪いか」のみで、「コントラスト」がどうの「白浮き」がどうの「ダイナミックレンジ」がどうのみたいなことは判りません。

その代わり、私は「スーパーリアルイラスト」という写真のような絵が描ける能力があり、そのため画像判別能力は普通ではないことを記しておきますので判断材料にしてください。

※ネタバレ感想の「ホテル・ムンバイ」と「ドクター・スリープ」のアイキャッチ画像イラストをご参照。塗り絵ですが私が描いたものです。

耳も普通よりは良いと思いますが、なんせもう50才になるので若い頃聞こえてた音が聞き取れなくなっています。

音質面の詳細なレビューは少なめです。

 

作品評価 8点
画質評価 BD / 7点

4K-UHD / 8点

音質評価 BD / 6点

4K-UHD / 9点

※画質評価は「2Kテレビでの評価」で、4K-UHD盤は「4Kテレビのデモ映像」と「2Kテレビで見たyoutubeの8K映像」を10点満点としますのでかなり厳しい点をつけています。

音質評価は音量や音響効果も加味しての点数です。

 

2K盤、4K盤どちらも停止した所から続きが観れる「レジューム再生」対応。

ただし、BD盤は一度プレーヤーから取り出すと対応しなくなります。

 

created by Rinker
ワーナーホームビデオ
¥3,591 (2020/11/26 22:39:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

マンオブスティールBD盤の画質面

マン・オブ・スティールBlu-rayディスク

 

この作品はザック・スナイダー監督の「テイスト」のためか、かなりザラついた画面となっています。

「300スリー・ハンドレッド」でも同じような味わいの映像でしたから。

 

劇中に出てくるクリプトン星のテクノロジーである「変形する金属モジュール」がザラザラした質感で、映画の画像自体も「その変形する金属と同じような雰囲気」ですね。

 

オープニングのDCマーク等が浮かぶシーンから、ザラつきはあるものの中々良い画質。

解像度は高いです。

 

その後もずっと同じような画調で、クッキリしてるけど粒子感が強いという状態。

 

部分的にザラつきという表現を超えてノイズが出ている所が多々あるのが残念ですけどね。

目立つ所はかなり目立ちます。

 

まあ、こういう画調という事を考えると充分高画質。

BDとしては充分で、あまり不満は無いですね。

 

マン・オブ・スティールBD盤の音質面

 

音声はDTS HDマスターオーディオ7.1ch仕様

 

音量ボリュームが小さく、5.5デシベル ( 11メモリ ) 上げてやっと満足のいく感じになります。

 

音質は鮮明で良いし迫力はあるのですが、なぜか音響が単調。

 

ゾッド将軍指揮下の戦闘機などの移動音は「一応は」感じられるのですが効果が薄く、全ての効果音の出どころが「画面の中の同じ一ヶ所に張り付いてしまっている」ように感じます。

その周りに音楽が浮かぶ感じ。

 

あくまでステレオ音声の延長上のような感じで、それぞれのチャンネルからちゃんと音は出てるのにイメージとしたら「全体でモノラル音声になってしまっている」かのよう。

そのため、迫力はあっても音それぞれの分離感が無くひと塊に感じてしまい、リアリティが無くダイナミックさに欠けるので満足度が上がりません。

 

これは残念ですね。

 

ただ、重低音は凄まじく、ウーファーが吼えまくりで、その点に関しては満足です。

 

マン・オブ・スティール4K-UHD盤の画質面

マン・オブ・スティール4K-UHDディスク

同梱のBD盤はザラザラしてるけど中々高画質でした。

 

BD盤と同じくザラザラした質感は同じですが、4K-UHD盤は明らかに精細感と解像度が全く違いますね。

DCマークが浮かぶあたりから既に全く違います。

 

その後本編に入るとさらにBD盤との差が如実に感じられます。

 

特に屋外の陽光の下でのシーンはザラ付き感も少なく、ネイティブ4Kに近くなる印象。

解像感から考えると全体的にネイティブ4Kと言って良いくらいですが、残念な事に画調がザラザラなので4K感が相殺されてしまってますよね。

 

しかし、この盤は驚くべき事に、SDRの2Kテレビで鑑賞しているにも関わらず、HDRの恩恵が「初めて」感じられたんです。

冒頭のクリプトン星でのジョー・エルとゾッド将軍との攻防戦で、光線や爆発の光などがほんとに眩しい!

 

これは意外な贈り物でしたね。

 

ザラザラした画調を受け入れられるのであれば、かなり満足のいく良好画質ですよ。

 

マン・オブ・スティール4K-UHD盤の音質面

 

音声はドルビーアトモス仕様

 

音量ボリュームはそのままでは全く物足りなく、音響が小ぢんまりして聴こえてしまいます。

ボリュームを4.5デシベル  ( 9メモリ ) 上げると、全く別物の鮮鋭感溢れるダイナミックな音響に変化するのでおすすめ。

重低音も大きく変わります。

 

それぞれの音のクリアさ、リアリティ、セリフの鮮明さ、音楽の包囲感や効果音の移動感など、どれをとっても一級品ですね。

音楽がバンバン鳴る映画は効果音が埋もれて不満に感じるものが多いのですが、マン・オブ・スティールの4K-UHD盤はどの音も分解能が高くクリアに聴こえます。

これは凄いですよ!

 

画質もBD盤とは桁違いでしたが、それよりもはるかに変わったのが音質面。

音の立体感が凄い!

音響効果が違い過ぎる。

ここまで違うか?という驚きの向上です。

 

※まだ作品を観たことがない方はここからは完全にネタバレ部分が含まれますので飛ばしてください

観たことがある方はこちらをクリック

オープニングのクリプトン星での、スーパーマンの両親である「ジョー・エルの家族」と敵対する「ゾッド将軍」の攻防から素晴らしい音響が堪能出来ます。

将軍が評議会に踏み込んで来るシーンからエネルギー銃の立体的な音場に包まれますし、床を踏み締める足音すら鮮明でリアル。

 

ゾッド将軍の戦闘機が迫る中、ジョー・エルがアーマーを装着する音がカッコいい!

BD盤ではここでカッコ良さなど感じませんでしたから、その違いが分かるというものです。

 

ジョーとゾッドの肉弾戦や飛来する戦艦、「ファントム・ゾーン」に幽閉されるゾッドたちのシーン、滅びゆくクリプトン星など、どこを聴いてもクオリティが高いんですよね。

 

その後も素晴らしく、学校でクラーク少年が能力に目覚め「自らの超感覚」に苦しめられるシーンでは、クラーク少年が感じているように「刺さるような音」が襲いかかって来るハンパない臨場感。

 

クラーク少年が学校のクラスメイトとスクールバスに乗っていて「いじめ」を受けている時に、バスのタイヤが破裂して橋から川に落ちるシーンでも、突然の破裂の音とパニックになる車内の音、避ける対向車のリアルな移動音、水中にバスが突っ込むシーンのまるで自分も水に突っ込んだかのような水しぶきの鮮烈さ、ゴボゴボと水が車内に入って来て叫ぶ女の子たちの悲鳴。

そして一瞬の静寂のあとクラーク少年によって水面から持ち上げられるバスの「ゴゴゴ」という重低音。

助かって「安堵」と「困惑」の声を上げる生徒たちの超絶リアルな声。

 

もうね、ここだけでも聴き処満載ですよ。

このリアルさは凄い。

 

その後の「納屋で大きなトビラを開けるシーン」のような「ちょっとした音」でさえもめっちゃリアル。

 

鮮烈な音質と緻密な音響デザインがあってこそのクオリティですね。

 

その後も聴き処は多いですが、クライマックスあたりは派手な音が多すぎて逆に変化が感じられないのは少し残念。

 

クリプトン人同士の格闘シーンはまるで「瞬間移動」のような感じで過剰すぎて、正直違和感を覚えます。

現実離れしすぎているんですよね。

 

音響もやっぱり同じで、効果音と音楽が過剰すぎると感じました。

もう少しド派手な音と静寂との緩急があったら、なお良かったのではと思います。

 

この部分に不満を感じたので、10点満点を付けられませんでしたよ。

 

しかし、ド派手な轟音下でも「音のキレ」が凄いので、ちゃんとそれぞれの音が埋もれていないのは立派ですね。

 

この盤の音の素晴らしさを味わえるのはあくまでボリュームを充分な大きさまで上げての事です。

ボリュームが足りなければこの素晴らしい体験は出来ないので、凄さが感じられる音量ボリュームまで上げて鑑賞して下さい。

 

不満点もありましたが、これは凄い ! という聴き所がとても多く、ちょっとここまで凄いとは思っていなかったので、嬉しい誤算でしたね。

 

作品基本情報

 

監督 ザック・スナイダー
脚本 デヴィッド・S・ゴイヤー
原作

DCコミック「スーパーマン」

ジェリー・シーゲル
制作 クリストファー・ノーラン / エマ・トーマス / チャールズ・ローヴェン / デボラ・スナイダー
制作総指揮 ロイド・フィリップス / トーマス・タル
音楽 ハンス・ジマー
劇場公開年 2013年公開
キャスト クラーク・ケント / カル・エル ( 主人公。 自然分娩で生まれたただ一人のクリプトン人。両親に「コデックス」を託され地球に送られ、成人にまで育つ。) : ヘンリー・カヴィル

ロイス・レイン ( デイリー・プラネット新聞の記者。クラークの秘密に気づき、次第に心を通わせ恋人となる。 ) : エイミー・アダムス

ジョー・エル ( クリプトン星の中枢にいる科学者でカルの父親。息子が旅立つのを見届けた瞬間にゾッド将軍に殺される。死後は意識を移したコマンドキーから息子たちを助ける。 ) : ラッセル・クロウ

ララ・ロー・ヴァン ( カルを自然分娩で生んだ母親。息子を地球へ送り出したあと、滅ぶクリプトン星と運命を共にする。 ) :  アイェレット・ゾラー

ジョナサン・ケント ( クラークの養父。クラークの正体を人々に悟らせないために自ら救出を断り竜巻の犠牲となる。 ) : ケビン・コスナー

マーサ・ケント ( クラークの養母。夫亡き後、クラークの心の支えとなる。 ) : ダイアン・レイン

ペリー・ホワイト ( デイリー・プラネットの編集長でロイス・レインの上司。クリプトン人の攻撃で危機的状況の社員を命を挺して守ろうとする ) : ローレンス・フィッシュバーン

スワンウィック将軍 ( アメリカ軍の黒人将軍。命令で事が片付いた後もクラークの動向を探っている ) :  ハリー・J・レニックス

ネイサン・ハーディー大佐 ( アメリカ軍の大佐。クリプトン人との戦闘の陣頭指揮を取り、カルを味方するようになる ) : クリストファー・メローニ

エミール・ハミルトン博士 ( アメリカ軍に協力する科学者。) : リチャード・シフ

ゾッド将軍 ( クリプトン星の軍最高司令官。クリプトンが滅びる直前に元老院に対しクーデターを起こすが、鎮圧されファントム・ゾーンに幽閉された。完全な悪人というわけではなく、クリプトンを再興させる事だけを考え地球を乗っ取ろうとする。 ) : マイケル・シャノン

ファオラ・ウル ( ゾッド将軍の副官で冷酷極まりない女戦士。カルをも圧倒する超戦闘力を持つ。 ) : アンチュ・トラウェ

ジャクス・オー ( ゾッド将軍の部下の科学者。 ) : マッケンジー・グレイ

※Wikipedia参照

 

製品基本情報

 

発売年 2016年発売
本編時間 BD / 4K-UHD共に 143分
映像特典※BD盤にのみ収録 ・進化したスーパーマンの誕生

スーパーマンの正当な作品群の持つ伝説的な役割とは。それが新たに再起動したこのスーパーマンの物語で、一体どのような進化を遂げたのか。

・怒涛のアクション・シーン

スーパーヒーローのアクションに与えられた迫真のリアリズム。

・クリプトン星の高度な文明

ディラン・スプレイべリー ( 13歳のクラーク・ケント役 ) が明かす、「マン・オブ・スティール」に登場する武器や宇宙船など、クリプトン星の驚異のテクノロジー。

・スーパーマン75周年記念 短編アニメーション

・中つ国の舞台:ニュージーランドの風景〈映画『ホビット 思いがけない冒険』より〉

ディスク情報 4K-UHD/ディスク1枚/3層収録100GB・H265/HEVC方式

BD/ディスク1枚/2層収録50GB・H264/AVC方式

映像収録情報 4K-UHD / 16✕9 ( 2.4 :1 )3840✕2160p

BD / 16✕9 ( 2.4 :1 )1920✕1080p

音声収録情報 4K-UHD / ドルビーアトモス 英語

ドルビーデジタル5.1ch日本語

BD / DTS HDマスター・オーディオ7.1ch 英語

ドルビーデジタル5.1ch日本語

字幕情報 BD / 4K-UHD共に

日本語字幕

英語字幕

定価 / 実売価格帯 5990円+税 / 5000円前後※記事作成時点の価格ですので変動あり・購入前には必ずご自身でご確認ください
発売元 ワーナー・ブラザーズ ホームエンターテイメント

 

※私の視聴環境

 

金欠なのでビンテージものばかりですが・・・画も音もお気に入りです。

注※2020年6月8日追記・仮に金があっても「今の全ての4Kテレビは買う価値ゼロ」なので手持ちのテレビが壊れない限り絶対に買いません。

TVモニター

※AVアンプがあるためモニター用途として使用

東芝 CELL REGZA 46XE2
4Kブルーレイレコーダー パナソニック DMR-4W200
AVアンプ パイオニア SC-LX86

→2020/4/25日にDENON AVC-X8500Hにグレードアップ

9ch ( 7.1.2ch構成 ) スピーカー ( イマーシブオーディオ非対応→DENON AVC-X8500H購入で対応完了 )2020年6月5日に11ch ( 7.1.4ch構成 ) スピーカー ( 地上7.1ch / 天井4ch ) のイマーシブオーディオに完全対応 地上・メイン=デノンSC-700→SC-900✕1組にグレードアップ

地上・センター=デノンSC-E757✕1本

地上・サラウンド・サラウンドバック=デノン SC-700✕2組

天井・フロントハイト=KEF Q300 ( version up )→イクリプス TD508Mk3✕1組にグレードアップ

天井・リアハイト=メインに使用していたデノン SC-700✕1組を追加

0.1ch ウーファー ヤマハ YST-SW800✕1基

 

私が未だに4Kテレビを導入しないというか導入できなくなっている理由はこちら↓ 

なぜ4K-UHDなのに2Kテレビでレビューしているのかが分かります。

4Kテレビの画質ってどう思います?その必要性に大きな疑問符が

 

まとめ

 

それほど期待せずに買ったのですが、同梱のBD盤はともかく4K-UHD盤のハイクオリティさには驚きました。

物語も「この作品以降なんだか悪役のようになってしまっている」スーパーマンではなく、「ちゃんとヒーローの」スーパーマンを味わう事が出来るので、買って大正解でしたね。

 

これはおすすめ出来るパッケージソフトですよ。

 

created by Rinker
ワーナーホームビデオ
¥3,591 (2020/11/26 22:39:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

4K-UltraHDレビュータイトル一覧

-4K UHDレビュー, BDレビュー, 洋画

Copyright© ハイデフ・マニア|やっぱ高画質じゃないとね! , 2020 All Rights Reserved.