4K UHDレビュー 洋画

スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム4K-UHDレビュー凄いぞ本物4K

Pocket

スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム4K-UHDディスク

スパイダーマン / ファー・フロム・ホーム4K-UltraHDの画質、音質レビューです。

中古購入のため、パッケージとBlu-ray盤は手に入らなかったので4K-UltraHD盤のみの検証となります。

 

MCUのシリーズでありながら、ディズニーからではなくSONYから出た円盤の実力は如何に?

 

※こちらは国内版です。

ディスクデザインから「日本限定プレミアム・スチールブック仕様」のものと推測されます。

 

※以下4K-Ultra HD Blu-rayを4K-UHD、Blu-rayをBDと略します。

 

管理人のレビュー方針・評価能力について

ちなみに私、大人気漫画「 キングダム 」でいうと「 麃公 ( ひょうこう ) 将軍」タイプの本能型なので、上手く作品の評論が出来ません。

「良いか悪いか」、「面白いか面白くないか」は直感的に感じられるけど、どこがどうだから面白いか、という細かいところは気にしないし表現出来ません。

ですから、作品に対する深い考察みたいなものはAmazonレビューとかでも上手に語っている方が沢山いらっしゃるのでそちらにお任せします。

基本観て内容が気に入ったものしか買いませんので、パッケージソフトでレビューしてるものはお気に入りの作品ということでご理解ください。

そういうことで画質・音質中心のレビューをしますね。

画質・音質レビューも「綺麗か汚いか」、「音が良いか悪いか」のみで、「コントラスト」がどうの「白浮き」がどうの「ダイナミックレンジ」がどうのみたいなことは判りません。

その代わり、私は「スーパーリアルイラスト」という写真のような絵が描ける能力があり、そのため画像判別能力は普通ではないことを記しておきますので判断材料にしてください。

※ネタバレ感想の「ホテル・ムンバイ」と「ドクター・スリープ」のアイキャッチ画像イラストをご参照。塗り絵ですが私が描いたものです。

耳も普通よりは良いと思いますが、なんせもう50才になるので若い頃聞こえてた音が聞き取れなくなっています。

音質面の詳細なレビューは少なめです。

 

作品評価 7点
画質評価 4K-UHD / 9点
音質評価 4K-UHD / 9点

※画質評価は「2Kテレビでの評価」で、4K-UHD盤は「4Kテレビのデモ映像」と「2Kテレビで見たyoutubeの8K映像」を10点満点としますのでかなり厳しい点をつけています。

音質評価は音量や音響効果も加味しての点数です。

 

停止した所から続きが観れる「レジューム再生」対応。

 

 

スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム4K-UHDの画質面

 

映像はドルビービジョン仕様

 

一見、超高画質なBD盤と近いように感じますが、よく見ていくとこれは本物のネイティブ4K画質ですね。

 

以前レンタルしたBDとは画質の桁が違います。

凄いですよ。

 

ノイズは暗部などにも全く無いくらいの、驚異的に安定したツヤツヤ画質。

色彩はとても自然で、HDRを調整しても無調整でもどちらも非常に良好な画質。

 

「スパイダーマン・スーツ」の繊維の質感、新ヒーロー「ミステリオ」のスーツの半金属的な質感、スパイダーマンを演じる「トム・ホランド」の顔の若々しい艶、「ニック・フューリー」のテカテカ黒光の顔の肌、ベネチアの水の質感の強烈なリアリティ。

ベネチアの水など、あまりにも質感が凄いのでCGとの境い目がはっきりと出てしまっています。

 

他のシーンでも実写とCGとの精細感の差が感じられ、ここまでの画質になるとこれだけの「超一流CG」でも違和感が出るんだな、と気付きました。

そのくらい精細感、解像感が高いですね。

 

全体に本物4K画質ですが、それにも増して所々で驚愕の美麗映像が堪能出来ます。

私史上、過去最高の画質ですね。

 

タイトル通り、家から遠く離れての舞台となる、ヨーロッパ各地の名所の美しさは素晴らしい。

 

花火の上がる広場のカーニバルシーンの美しいこと。

2KテレビでHDRでもないのにこの花火の光の美しさ。

夜の闇と広場の光のコントラストはもうほぼ4Kデモ映像レベルですよ。

 

公平に検証するために画質調整は決まったポジションで行なっていますが、この作品はコントラストが強く感じるところが多かったので、調整をもっと追い込めばナチュラルになってさらに凄い映像が出るのではないかと思います。

 

本物のソースで出るこの驚異的な映像。

この画質で4Kテレビのような「不自然な動きボケ」が全く無いとても自然な映像が観れるのだから、CELLレグザが手放せないんですよね。

 

・・・ちょっと話がそれちゃいましたが、^^;  現時点で最高レベルの画質であることは間違いないです。

 

スパイダーマン/ファー・フロム・ホームの音質面

 

音声はドルビーアトモス仕様

 

この盤はかなり音量ボリュームが小さくて、なんと10デシベル ( 20メモリ ) ! 上げてやっと満足のいく音響になります。

最初は全くまともに聴こえなかったので、なんて音響の悪さだと思ってしまいました。笑

 

この部分で不満があり、10点満点を付けられませんでしたよ。

 

しかしボリュームを上げると全くの別物に。

 

音質自体はとても解像感の高い繊細な音で極上の素晴らしさです。

音響も恐ろしいくらいに激変します。

 

空間を自在に移動する効果音が凄すぎる !

こちらがその音を必死で追いかけてしまいそうになります。

全身でその音響を感じ取ってしまいましたよ。

 

※まだ作品を観たことがない方はここからは完全にネタバレ部分が含まれますので飛ばしてください

観たことがある方はこちらをクリック

オープニングのメキシコの町を走るニック・フューリーの車の音から良い感じ。

 

ミステリオの登場シーンやパワー解放の音も効果が繊細です。

 

「ホイットニー・ヒューストン」の「オールウェイズ・ラブ・ユー」の歌までリアルな立体感があって素晴らしい。

 

セリフや効果音、音楽など、どの音をとっても極上。

また、音楽などの音にちゃんと強弱があるので単調に感じません。

 

音響に「空間全体を細かくコントロールするような繊細な立体感」があり、普通は音の出どころが判る重低音も、サブ・ウーファーから聞こえているのではなく音響空間から聞こえるのが凄い。

 

ミステリオの「進化したホログラム」は部屋中を音が駆け巡る極上立体音響で、派手なだけなではなくリアルさを感じます。

ベルリンでニック・フューリーと共にミステリオに幻影の攻撃を受けるシーンの、濃厚な音の中に放り込まれるような音響の凄さ。

パワフルでありながら物凄くリアルな音。

 

派手なばかりで音響にリアリティの無いDTS X音声規格もこれを見習え、と言いたいですね。

 

ボリュームさえ上げれば10点満点の極上音響空間に身を置くことが出来ます。

空間を自在に操る印象がアトモス音声の醍醐味で、この盤はその魅力が最大限に楽しめますね。

 

素晴らしい !

 

作品基本情報

 

監督 ジョン・ワッツ
脚本 クリス・マッケナ / エリック・ソマーズ
原作

アメコミ「スパイダーマン」

スタン・リー / スティーヴ・ディッコ
制作 ケヴィン・ファイギ / エイミー・パスカル
制作総指揮 ルイス・デスポジート / ヴィクトリア・アロンソ / スタン・リー
音楽 マイケル・ジアッキーノ
劇場公開年 2019年公開
キャスト ピーター・パーカー / スパイダーマン ( 説明不要の有名な主人公。亡くなったトニー・スタークの意志を継ぐ少年 。MJが好き) : トム・ホランド

ミシェル・ジョーンズ(MJ)( ピーターのクラスメイト。ピーターの正体を薄々気づき、好奇心以外でも気になっている ) :  ゼンデイヤ

ネッド・リーズ ( ピーターのクラスメイトで親友。ピーターの正体を知っていて手助けしてくれている ) : ジェイコブ・バタロン

ベティ・ブラント ( ミッドタウン高校のニュースチャンネルでパーソナリティを担当している女子高生。ピーターのクラスメイト。飛行機の中で偶然隣の席となったネッドと恋仲になる) : アンガーリー・ライス

ブラッド・デイヴィス ( 東洋人のピーターのクラスメイト。女子に人気がありMJとも仲良くしている。バスの中でピーターの使うイーディスに誤って標的にされてしまう ) : レミー・ハイ

メイ・パーカー ( ピーターのおばさん。ピーターのスパイダーマンとしての活躍を応援している。 ) :  マリサ・トメイ

ニック・フューリー ( 元シールドの長官。ピーターをトニーの後継者として育てようとしている ) : サミュエル・L・ジャクソン

マリア・ヒル ( 元シールド副長官。フューリーと行動を共にしている。 ) : コビー・スマルダーズ

ハロルド・“ハッピー”・ホーガン ( 元トニー・スタークの運転手で、ピーターのサポート役。シールドのジェット機を操縦し、ピーターたちを助ける) :  ジョン・ファブロー

クエンティン・ベック / ミステリオ ( 緑色の金魚鉢のようなヘルメットを被る新たなヒーロー。実はトニーに解雇されたのを恨む技術者でトニーの作ったイーディスをピーターから奪おうとする ) : ジェイク・ギレンホール

ウィリアム・ギンター・リヴァ ( ミステリオの演出のホログラムを担当する技術者。トニーを恨みベックに協力している ) : ピーター・ビリングスリー

※Wikipedia参照

 

製品基本情報

 

発売年 2019年発売
本編時間 BD / 4K-UHD共に 129分
映像特典 ※BD / 4K-UHD共通コンテンツ

・ショートフィルム:ピーターのやることリスト

・NGシーン

・未公開シーン(5種)

・「Alex Rider」オリジナル予告編

※BD盤にのみ収録

・先生たちの旅の心得

・スタントの舞台裏

・ピーターの成長

・スパイダーマンのスーツ

・ミステリオの正体

・ファー・ファー・ファー・フロム・ホーム

・二人三脚

・フューリーとヒル

・ギンター・リヴァ効果

・メイおばさん、ありがとう

・イースター・エッグ紹介

・ザ・ブラザーズ・トラスト

・プレビズ(5種)

ディスク情報 4K-UHD/ディスク1枚/2層収録66GB・H265/HEVC方式

BD/ディスク1枚/2層収録50GB・H264/AVC方式

映像収録情報 4K-UHD / 16✕9 ( 2.35 :1 )3840✕2160p

BD / 16✕9 ( 2.35 :1 )1920✕1080p

音声収録情報 4K-UHD / ドルビーアトモス 英語

DTS HDマスター・オーディオ5.1ch日本語

BD / DTS HDマスター・オーディオ7.1ch 英語

DTS HDマスター・オーディオ5.1ch日本語

字幕情報 BD / 4K-UHD共に

日本語字幕

バリアフリー日本語字幕

英語字幕

定価 / 実売価格帯 6800円+税 / 5700円前後※記事作成時点の価格ですので変動あり・購入前には必ずご自身でご確認ください
発売元 ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント

 

※私の視聴環境

 

金欠なのでビンテージものばかりですが・・・画も音もお気に入りです。

注※2020年6月8日追記・仮に金があっても「今の全ての4Kテレビは買う価値ゼロ」なので手持ちのテレビが壊れない限り絶対に買いません。

TVモニター

※AVアンプがあるためモニター用途として使用

東芝 CELL REGZA 46XE2
4Kブルーレイレコーダー パナソニック DMR-4W200
AVアンプ パイオニア SC-LX86

→2020/4/25日にDENON AVC-X8500Hにグレードアップ

9ch ( 7.1.2ch構成 ) スピーカー ( イマーシブオーディオ非対応→DENON AVC-X8500H購入で対応完了 )2020年6月5日に11ch ( 7.1.4ch構成 ) スピーカー ( 地上7.1ch / 天井4ch ) のイマーシブオーディオに完全対応 地上・メイン=デノンSC-700→SC-900✕1組にグレードアップ

地上・センター=デノンSC-E757✕1本

地上・サラウンド・サラウンドバック=デノン SC-700✕2組

天井・フロントハイト=KEF Q300 ( version up )→イクリプス TD508Mk3✕1組にグレードアップ

天井・リアハイト=メインに使用していたデノン SC-700✕1組を追加

0.1ch ウーファー ヤマハ YST-SW800✕1基

 

私が未だに4Kテレビを導入しないというか導入できなくなっている理由はこちら↓ 

なぜ4K-UHDなのに2Kテレビでレビューしているのかが分かります。

4Kテレビの画質ってどう思います?その必要性に大きな疑問符が

 

まとめ

 

「アイアンマン」であった「トニー・スターク」の意志を継ぎ、近づこうと成長する「ピーター」の姿に胸アツな部分は確かにありましたが、作品は完全に「ティーン・エイジャーや20代向け」に思春期の世代が喜ぶ内容となっているので、おっさんの私には残念ながらもうほとんど響きませんでした。涙

また、進化したホログラフが万能すぎて「おいおい」なツッコみどころが多々あったので、そのため作品の評価は高く付けられませんでしたね。

 

しかし、ディスクのクオリティはとても素晴らしく、画質も音質・音響も「すんごい」最高レベルの超優良盤でしたよ。

 

精細感・解像度的には同じくらいのものは何枚かありますが、ドルビービジョンのおかげか色彩がすごく自然で素晴らしい !

そのため画質はこれまで見た中で一番ですね。

 

これぞ4K-UHD!拍手 !!!

 

必見、必聴の極上盤です!

 

 

4K-UltraHDレビュータイトル一覧

 

-4K UHDレビュー, 洋画

Copyright© ハイデフ・マニア|やっぱ高画質じゃないとね! , 2020 All Rights Reserved.