4K UHDレビュー BDレビュー 洋画

アリータ/バトル・エンジェル4K-UHD/Blu-rayレビュー超優秀盤

Pocket

アリータ/バトル・エンジェル4K-UHDパッケージ表面あの「ジェームス・キャメロン」監督が原作の大ファンで日本のマンガ「銃夢」を映画化した「アリータ/バトル・エンジェル」。

 

私は原作を読んだ事が無いのですが、映画そのものは続編が待ち遠しくなるくらいに素晴らしい出来でした。

 

そんな「アリータ/バトル・エンジェル」の4K-UHD/Blu-rayを購入しましたので、画質・音質のレビューをします。

どのくらいのクオリティになっているでしょうか?

 

※こちらは国内版です。

以下4K-Ultra HD Blu-rayを4K-UHD、Blu-rayをBDと略します。

 

管理人のレビュー方針・評価能力について

ちなみに私、大人気漫画「 キングダム 」でいうと「 麃公 ( ひょうこう ) 将軍」タイプの本能型なので、上手く作品の評論が出来ません。

「良いか悪いか」、「面白いか面白くないか」は直感的に感じられるけど、どこがどうだから面白いか、という細かいところは気にしないし表現出来ません。

ですから、作品に対する深い考察みたいなものはAmazonレビューとかでも上手に語っている方が沢山いらっしゃるのでそちらにお任せします。

基本観て内容が気に入ったものしか買いませんので、パッケージソフトでレビューしてるものはお気に入りの作品ということでご理解ください。

そういうことで画質・音質中心のレビューをしますね。

画質・音質レビューも「綺麗か汚いか」、「音が良いか悪いか」のみで、「コントラスト」がどうの「白浮き」がどうの「ダイナミックレンジ」がどうのみたいなことは判りません。

その代わり、私は「スーパーリアルイラスト」という写真のような絵が描ける能力があり、そのため画像判別能力は普通ではないことを記しておきますので判断材料にしてください。

※ネタバレ感想の「ホテル・ムンバイ」と「ドクター・スリープ」のアイキャッチ画像イラストをご参照。塗り絵ですが私が描いたものです。

耳も普通よりは良いと思いますが、なんせもう50才になるので若い頃聞こえてた音が聞き取れなくなっています。

音質面の詳細なレビューは少なめです。

 

作品評価 10点
画質評価 BD / 10点

4K-UHD / 8点

音質評価 BD / 9点

4K-UHD / 10点

※画質評価は「2Kテレビでの評価」で、4K-UHD盤は「4Kテレビのデモ映像」と「2Kテレビで見たyoutubeの8K映像」を10点満点としますのでかなり厳しい点をつけています。

音質評価は音量や音響効果も加味しての点数です。

 

BD盤、4K-UHD盤共に、途中から続きが再生出来るレジューム再生対応。

 

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥5,480 (2020/11/26 22:26:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

アリータ/バトル・エンジェルBD盤の画質面

アリータ/バトル・エンジェルblu-rayディスク

同梱のBD盤の画質レビューから。

コロナ対策でアルコールを吹き付けてしばらく放置してたら印刷面がボロボロになってしまいました。

 

まさかこうなるとは・・・直ぐ拭けばよかった・・・。涙

4K-UHD盤はなんともなかったのに・・・。

みなさんもお気を付けくださいね。

 

再生は問題ないので、ひと安心ではあります。

 

さて本題に。

 

粒子感、ノイズ感のほぼ無い安定感のある超高精細映像。

コントラスト感、色彩の美しさ、黒の締まりも充分で、精細感が高いためそれぞれの質感が素晴らしいです。

めちゃめちゃ画質が良いですね。

 

精細感こそ負けますが、輸入版の4K-UHD盤よりもこちらのほうが「画質」ですよ。

 

間違いなくBD盤トップレベルの高画質です。

下手な4K-UHD盤に見習わせたい映像クオリティですね。

 

ただ、単品版のBDの画質と比べてみたところ、これが何故だか単品版のほうがさらに映像クオリティが高いんですよ。

強烈に綺麗です。

単品版はこちら↓

アリータ/バトル・エンジェルBlu-rayパッケージ表面

もしかすると、同梱BD盤はアルコールで円盤表面にダメージが出た分なんらかの影響があったのかもしれません。

 

アリータ/バトル・エンジェルBD盤の音質面

 

音声はDTS HDマスターオーディオ7.1ch仕様

 

音量ボリュームはそのままでは少し物足りないです。

5デシベル ( 10メモリ ) 上げると満足出来るレベルに。

 

アリータとサイボーグたちの戦闘やモーターボールのシーンなど、ダイナミックな音響が楽しめますし、普通のシーンでのセリフや効果音もリアルで良いですね。

 

アトモスのように天井音響成分が有る訳では無い。

でも鑑賞するうえで全く不満を感じず、上等の音響が楽しめます。

 

しかし、音質面でも単品版のBDのクオリティが勝っていて、音の鮮度が上なんですよね。

音質にもアルコールのダメージがあったのかなぁ???

まあとにかく単品版のBDはものすごい高品質の優良盤ですよ。

アリータ/バトル・エンジェルBlu-rayパッケージ裏面

 

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥1,500 (2020/11/26 22:26:38時点 Amazon調べ-詳細)

 

アリータ/バトル・エンジェル4K-UHD盤の画質面

アリータ/バトル・エンジェル4K-UHDディスク

字幕はちょっと「クリーム色」っぽい感じで目立たないように配慮されています。

 

画質は映像美が素晴らしく最高レベルです。

 

私は値段が安かったため先に「輸入版の4K-UHD」を買っていましたが、その画質に納得がいきませんでした

輸入版は色彩に違和感が有るからです。

 

色が濃すぎてなおかつコントラストが強すぎる。

そのためリアリティが無くなってしまっています。

 

解像度、精細感などは一応「4Kネイティブ」なんですけどね。

 

また、ノイズが目立つシーンも多く、4KネイティブではなくBDレベルの画質の所も結構見受けられたので、なおさら満足感が低いんです。

 

輸入版4K-UHDは決して悪くは無いんだけど、ちょっと何か違うんですよ。

 

それに比べてこの「国内版4K-UHD」は色彩がとても自然で、おかげでリアル感が全く違います。

 

肌や髪の毛、産毛などのリアリティが凄いので、俳優の実在感がハンパない。

超高画質だったBD盤をはるかに凌駕しています。

 

完全に4Kネイティブ画質。

買い直して本当に良かったですね。

 

※まだ作品を観たことがない方はここからは完全にネタバレ部分が含まれますので飛ばしてください

観たことがある方はこちらをクリック

まずオープニングの「空中都市ザレム」から廃棄され落ちるゴミのクッキリ感が違うし、ゴミ廃棄場のゴミの山もコントラストが適切なので立体感が有ります。

使える部品を求めてゴミを漁るサイバネティクスの医師「イド」の姿も、色がただ赤いだけじゃなく「夕日に照らされて赤く見えている」というのが感じられる。

輸入版の方は不自然に赤く感じました。

 

助け出した「アリータ」を手術台に乗せたシーンの、「白い光に照らされたイドの後ろ姿」と「自分の娘に使うはずだったサイボーグ・ボディを包んだ布の質感」も凄く自然。

 

アリータの唇や肌、まぶたの質感や、アリータを覗き込むイドの皮膚の質感、メガネに映り込むアリータなど、輸入版とは比べものにならない自然さ。

手術機器を操作する手の質感、イドの髪の毛など、素晴らしいです。

 

アリータが目覚めるシーンの精細感が凄い。

アリータの原作マンガを意識した大きな瞳がめちゃめちゃ綺麗です。

 

この作品を見ると、CGによる人間の再現に付きものの、どこか気持ちの悪い不自然さが有るという「不気味の壁」が取り払われているように思えますね。

実物の人物と比べても違和感がほとんど無いですよ。

 

暗部にわずかながらノイズが見える所もありますが、全くノイズの無いシーンではカメラが動くと「空間」が感じられるほど。

 

アリータが着ようと手を伸ばすカラフルなシャツの解像感は驚異的です。

 

全編に「色」が「かなり強く」出ているので本来なら輸入版のように違和感を感じるはずですが、そうはならずにリアルさを演出してるのだから凄い。

自然な色彩の4K-UHDはけっこう少ないですが、これはそのうちの貴重な一枚ですね。

 

全編にわたり最後まで素晴らしい映像です。

 

アリータ/バトル・エンジェル4K-UHD盤の音質面

 

音声はドルビーアトモス仕様

 

音量ボリュームはそのままで充分な大きさです。

このレビューもボリュームを上げずに検証しました。

 

お好みで1~2デシベル ( 2~4メモリ ) 上げると良いかもしれません。

 

天井無し アトモス→True HD7.1ch変換の音響

 

まずは天井スピーカーを切ってる状態でのレビューを。

天井スピーカーを導入してない方も多いと思うので。

 

アトモスほどの「空間から音が鳴っている感覚」は無いですが、各チャンネルからの音は良く鳴り、とても自然で音質が良いです。

 

※まだ作品を観たことがない方はここからは完全にネタバレ部分が含まれますので飛ばしてください

観たことがある方はこちらをクリック

アリータが街中で初めて「ストリート・ローラーボール」に挑戦するシーンでは移動感が素晴らしい。

「プロ・モーターボール」の本戦シーンでは、場内アナウンスを筆頭にまるで天井スピーカーが鳴っているかのように濃密な空間表現が楽しめます。

 

銃撃やモンスターサイボーグ「グリシュカ」の爪の音、ザレムの輸送管の「ディフェンス・リング」などの移動感や迫力を伴った音などもダイナミック。

 

効果音も音楽に埋もれる事なく、それぞれが役割を果たし良い仕事をしています。

 

音響効果は非常に良いですね。

なんの不満も感じませんよ。

 

天井有りアトモス7.1.4chの音響

 

続いて天井スピーカーを駆動させた状態のレビューです。

 

オープニングから、天井無しと比べて「はるかに音の出どころが広がった感じ」はアトモスらしさに溢れています。

天井無しでも全く不満は感じませんでしたが、やはり別物になります。

 

音響空間の「音のつながりの隙間の無さ」は、天井スピーカーが無い状態とは比べものになりません。

 

※まだ作品を観たことがない方はここからは完全にネタバレ部分が含まれますので飛ばしてください

観たことがある方はこちらをクリック

アリータが初めて街に出て楽しんでいる時に、犬がやって来て警備ロボット「センチュリオン」に潰されそうになるシーンでは、センチュリオンの脚部の動く音が身体の上や周りから重量感をともなって聴こえます。

その機動音のスムーズさといったらハンパないですね。

天井無しではどこか単発的な音に聞こえます。

 

また、街の雑沓の音のリアリティ、ふわりと浮かぶ音楽、画面のキャラに定位するセリフ。

後からアトモスに「アップ・ミックス」したのではなく、最初から「アトモス」として音響効果が設計されているのが感じ取れます。

 

ストリート・ローラーボールのシーンは天井スピーカーの音響成分が加わるため、音のつながりが良くなるのでとても素晴らしい移動感。

 

辻斬りサイボーグの一味に遭遇し襲われるシーンの、辻斬り女サイボーグの両手のブレードの「シャーン」という響きの鋭さもまるで違う。

反撃に出たアリータの、グリシュカに向かって放つ「ハイパーかかと落とし」の「はいーや!」という掛け声すらも響き方が違います。

 

プロ・モーターボールのシーンでの、「自分の身体を音が通り過ぎる感覚」がハンパなく凄い。

音が部屋中を自在に動き回ります。

このシーンの音は本当に凄いですよ。

 

アリータたちが300年前の大戦の遺物の「URMの船」で、本来のアリータのボディ、「バーサーカー・ボディ」を見つけるシーンでも、水中の「重くゴボゴボ」いう音から、船内の水滴が滴る鋭く細かい音、バーサーカーボディを守るバリアのエネルギー感のある音など、静かなシーンすら音を楽しめます。

 

「ハンター戦士」の溜まり場の酒場にアリータが乗り込み暴れるシーンは、かなりの聴き所ですね。

「アップグレードしたグリシュカ」の登場シーンの、ドアを破壊する破裂音や素早く動き回る爪の音の鋭さが凄い。

 

アリータたちが300年前ザレムを攻略した時の「記憶の断片」が蘇ったシーンの、ディフェンス・リングの迫力がハンパない。

 

などなど、とにかく聴き所は数え切れません。

 

音場の濃密さや繊細さは、まさしく極上のアトモス音声そのものです。

音質、音響共に「10点満点」が相応しいですね。

 

作品基本情報

 

監督 ロバート・ロドリゲス
脚本 ジェームズ・キャメロン/レータ・カログリディス
原作「銃夢」 木城ゆきと
制作 ジェームス゛・キャメロン/ ジョン・ランドー
制作総指揮 デヴィッド・ヴァルデス
音楽 トム・ホルケンボルフ
劇場公開年 2019年公開
キャスト アリータ ( 主人公の少女。ほぼ全身が機械の全身置換型サイボーグ。空中都市から捨てられたゴミの山で見つかり救い出されるが、記憶の全てを失っている ) : ローサ・サラザール

ヒューゴ( 空中都市の下の街に暮らす青年。街で偶然アリータと出会い、お互いに惹かれていく。アリータに知られたくない裏の顔を持つ ) : キーアン・ジョンソン

ダイソン・イド( 空中都市の下の街でほとんどボランティアのような診療所を営むサイバネティクス医師。娘を元患者に殺された過去があり、ハンター戦士の裏の顔を持つ ) : クリストフ・ヴァルツ

ガーハード ( イドの助手の黒人女性。義手の片腕を用いて患者の治療を行う。アリータを介抱し、面倒を見る。) : アイダラ・ヴィクター

タンジ ( ヒューゴの友人。サイボーグへの不信感があり、最初はアリータへ辛く当たっていた。ヒューゴの裏の顔の仲間 ) : ジョージ・レンデボーグ・Jr

コヨミ ( ヒューゴの友人。タンジと違いアリータを快く仲間に迎える。ヒューゴの裏の顔の仲間 ) : ラナ・コンドル

チレン ( ベクターの元で働く女科学者。イドの元妻で娘の死をきっかけにイドと別れた。ザレムへ帰還するためなら手段を選ばない ) : ジェニファー・コネリー

ベクター ( 空中都市の下の街の裏の実力者でありモーターボールのオーナー。ザレムの支配者ノヴァの手下として暗躍する。 ) : マハーシャラ・アリ

ノヴァ ( ベクターを影で操る空中都市ザレムの支配者。人間の精神を乗っ取る不思議な力がある ) : エドワード・ノートン

グリュシカ ( ベクターの元で連続殺人を続ける凶暴なモンスター・サイボーグ。仲間のサイボーグを率いてイドを罠にかける) : ジャッキー・アール・ヘイリー

ザパン ( 全身サイボーグのハンター戦士。ダマスカスブレードを使い賞金首を狩る。アリータに完敗しヒューゴを罠にかける ) : エド・スクライン

※Wikipedia参照

 

製品基本情報

アリータ/バトル・エンジェル4K-UHDパッケージ裏面

発売年 2019年発売
本編時間 BD / 4K-UHD共に122分
映像特典※BD盤にのみ収録 ・アリータの世界

・マンガからスクリーンへ

・メイキング・オブ・アリータ

・モーターボールの魅力

・ロンドン試写会Q&A

・チョコレート作り講座

・アート・コンピレーション

・段階別に見るパフォーマンスキャプチャー

ディスク情報 4K-UHD/ディスク1枚/2層収録66GB・H265/HEVC方式

BD/ディスク1枚/2層収録50GB・H264/AVC方式

映像収録情報 4K-UHD / 16✕9 ( 2.35 :1 ) 3840✕2160p

BD / 16✕9 ( 2.35 :1 ) 1920✕1080p

音声収録情報 4K-UHD / ドルビーアトモス 英語

DTS HDマスター・オーディオ2.0ch 英語

DTSデジタルサラウンド5.1ch 日本語

BD / DTS HDマスター・オーディオ7.1ch 英語

ドルビーデジタル2.0ch 英語

DTSデジタルサラウンド5.1ch 日本語

字幕情報 BD / 4K-UHD共に

日本語字幕

英語字幕

定価 / 実売価格帯 6990円+税 / 4000円前後※記事作成時点の価格ですので変動あり・購入前には必ずご自身でご確認ください
発売元 フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン株式会社

 

※私の視聴環境

 

金欠なのでビンテージものばかりですが・・・画も音もお気に入りです。

注※2020年6月8日追記・仮に金があっても「今の全ての4Kテレビは買う価値ゼロ」なので手持ちのテレビが壊れない限り絶対に買いません。

TVモニター

※AVアンプがあるためモニター用途として使用

東芝 CELL REGZA 46XE2
4Kブルーレイレコーダー パナソニック DMR-4W200
AVアンプ パイオニア SC-LX86

→2020/4/25日にDENON AVC-X8500Hにグレードアップ

9ch ( 7.1.2ch構成 ) スピーカー ( イマーシブオーディオ非対応→DENON AVC-X8500H購入で対応完了 )2020年6月5日に11ch ( 7.1.4ch構成 ) スピーカー ( 地上7.1ch / 天井4ch ) のイマーシブオーディオに完全対応 地上・メイン=デノンSC-700→SC-900✕1組にグレードアップ

地上・センター=デノンSC-E757✕1本

地上・サラウンド・サラウンドバック=デノン SC-700✕2組

天井・フロントハイト=KEF Q300 ( version up )→イクリプス TD508Mk3✕1組にグレードアップ

天井・リアハイト=メインに使用していたデノン SC-700✕1組を追加

0.1ch ウーファー ヤマハ YST-SW800✕1基

 

私が未だに4Kテレビを導入しないというか導入できなくなっている理由はこちら↓ 

なぜ4K-UHDなのに2Kテレビでレビューしているのかが分かります。

4Kテレビの画質ってどう思います?その必要性に大きな疑問符が

 

まとめ

 

BD盤と4K-UHD盤のどちらも超優良盤でして、4Kの輸入版を買っていたのにわざわざ買い直したのは大正解だったです。

輸入版だけだったら、アリータは「ネイティブ4Kじゃない」ということでモヤモヤしたまま終わっていたでしょう。

 

こんな感じで輸入版と国内版のクオリティが全く違うという事は多々有りますから、4K-UHDソフトは実際買ってみないと分からない「ギャンブルのような状態」にあるんですよね。

4K-UHDは高額なんだから、最低限4Kネイティブのクオリティ保証くらいして販売してくれないかと言いたいですよ。

 

ともあれ、「アリータ/バトル・エンジェル」の国内版は買って損なしです。

作品を気に入った方は即買いですよ。

 

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥5,480 (2020/11/26 22:26:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

4K-UltraHDレビュータイトル一覧

 

-4K UHDレビュー, BDレビュー, 洋画

Copyright© ハイデフ・マニア|やっぱ高画質じゃないとね! , 2020 All Rights Reserved.