4K UHDレビュー BDレビュー 洋画

アクアマン4K-UHD/Blu-rayレビュー本物4Kじゃないか!

2020年8月11日

Pocket

アクアマン4K-UHDパッケージ表面
DCコミックヒーロー映画で唯一と言っていいほどスカッと突き抜けて王道ヒーロー映画している「アクアマン」。

とても面白くてお気に入りの作品です。

 

しかし、輸入盤の4K-Ultra HDが安かったので購入したところ、あまりにもBlu-rayレベルの画質にガッカリしたので納得がいかず、新たに国内版を買い直しました。

さてさて、納得のいくクオリティとなっているのでしょうか?

画質・音質のクオリティチェックのレビューを致します。

 

※こちらは国内版です。

以下4K-Ultra HD Blu-rayを4K-UHD、Blu-rayをBDと略します。

 

管理人のレビュー方針・評価能力について

ちなみに私、大人気漫画「 キングダム 」でいうと「 麃公 ( ひょうこう ) 将軍」タイプの本能型なので、上手く作品の評論が出来ません。

「良いか悪いか」、「面白いか面白くないか」は直感的に感じられるけど、どこがどうだから面白いか、という細かいところは気にしないし表現出来ません。

ですから、作品に対する深い考察みたいなものはAmazonレビューとかでも上手に語っている方が沢山いらっしゃるのでそちらにお任せします。

基本観て内容が気に入ったものしか買いませんので、パッケージソフトでレビューしてるものはお気に入りの作品ということでご理解ください。

そういうことで画質・音質中心のレビューをしますね。

画質・音質レビューも「綺麗か汚いか」、「音が良いか悪いか」のみで、「コントラスト」がどうの「白浮き」がどうの「ダイナミックレンジ」がどうのみたいなことは判りません。

その代わり、私は「スーパーリアルイラスト」という写真のような絵が描ける能力があり、そのため画像判別能力は普通ではないことを記しておきますので判断材料にしてください。

※ネタバレ感想の「ホテル・ムンバイ」と「ドクター・スリープ」のアイキャッチ画像イラストをご参照。塗り絵ですが私が描いたものです。

耳も普通よりは良いと思いますが、なんせもう50才になるので若い頃聞こえてた音が聞き取れなくなっています。

音質面の詳細なレビューは少なめです。

 

作品評価 9点
画質評価 BD / 10点

4K-UHD / 9点

音質評価 BD / 9点

4K-UHD / 10点

※画質評価は「2Kテレビでの評価」で、4K-UHD盤は「4Kテレビのデモ映像」と「2Kテレビで見たyoutubeの8K映像」を10点満点としますのでかなり厳しい点をつけています。

音質評価は音量や音響効果も加味しての点数です。

 

どちらも停止した所から続きが観れる「レジューム再生」対応。

 

 

アクアマンBD盤の画質面

アクアマンBlu-rayディスク

まずは同梱のBD盤のクオリティから。

字幕は標準的な白さで眩しくもなくちょうど良い感じ。

 

これは高画質ですね~。

下手な4K-UHDソフトよりもよほど画質が良いです。

 

さすがに同梱の4K-UHD盤と比べると精細感や色彩の鮮烈さ、映像のリアルな立体感では敵いませんが、暗部などのノイズの少なさではBD盤の方が上。

BDのトップレベルの画質なのは間違いないですね。

 

アトランティスの戦艦の青や紫の輝く光はとても美しいです。

CGシーンだけでなく車の質感や濡れた地面の質感など実写シーンのリアルさも非常に良いですね。

 

同作の輸入版4K-UHDよりもこちらの方がノイズも無く良好で好印象。

この安定感のある映像は素晴らしいです。

 

これくらいの映像がBD盤で出せるから半端な4K-UHDを見ると許せないんですよね。

 

アクアマンBD盤の音質面

 

音声はドルビーアトモス仕様

 

音量ボリュームはそのままでも問題無いくらいに大きいです。

3デシベル ( 6メモリ ) 上げるとさらに良くなりますよ。

 

ダイナミックで音の移動感も良く、後方の音場も濃密で良く鳴ります。

所々で驚くくらいのパワーが発揮されますが、繊細さも有るので大味にはなっていません。

このあたりはDTS X音声には無い美点ですね。

 

「音楽が前面に出ていて効果音がいまいち」という円盤があったりしますが、このアクアマンは音楽や効果音のそれぞれが埋もれる事なく絶妙に配置されていますので、不満に思う事も無いです。

音質、音響共に申し分なく、極上体験が出来ますよ。

 

アクアマン4K-UHD盤の画質面

アクアマン4K-UHDディスク

字幕は灰色っぽい目立たないくらいの明るさですが、埋もれている訳ではなく読みやすいです。

 

いやぁ、驚きました。

輸入版UHD↓がかなりの部分でただのBDレベルの画質だったので全く期待はしていなかったのですが、この国内版、完全に4Kネイティブ画質です

輸入盤アクアマン4K-UHDディスク

国内版は総じて輸入版よりも品質が良い傾向にあるのですが、アクアマンの場合は全く別物の桁違いな美しさ。

 

マスターは同じはずだと思うのですが、エンコードとかオーサリングの技術精度が違うのでしょうか?比べ物になりません。

嬉しい誤算でしたよ。

 

もう、オープニングの「灯台の嵐の夜の映像」が映し出された瞬間に違いが判ります。

 

輸入版ではいかにも平たんな映像、BDレベルという感じがするのですが、国内版は本物のような空気感が感じ取れます。

ノイズもかなり少なく、おかげで細部も甘さがほとんどありません。

所々ノイジーな場面はありますが、輸入版のようにBD解像度ではないです。

 

※まだ作品を観たことがない方はここからは完全にネタバレ部分が含まれますので飛ばしてください

観たことがある方はこちらをクリック

オープニング、「アトランナ女王」が灯台守の「トム」に嵐の海で助けられるシーンで、荒れる海面の様子やライトを当てられたアトランナ王女のスーツの質感、アトランナ女王の額にかかる雨粒など、超絶リアリティ。

 

そして輸入版との決定的な画質差を感じたのが、女王を救って灯台の家の中に入ってからです。

暗部にもノイズが少なく、部屋の中の質感が全く違う。

解像感と安定感が違い過ぎるので、輸入版のBDレベルの画質とは桁が違います。

そのためカメラが動くと部屋の中の「空間」を感じます。

 

ソファーで目覚めて子犬と目が合うアトランナ王女の髪の毛、赤みを帯びた顔の頬、スーツの素材、毛布の毛の解像感、子犬の毛の細やかさなど、素晴らしいですよ。

髪の毛の質感や肌の質感、ちょっと被写体に距離がある場合の解像感の違いなど、桁が違う。

 

アトランナ女王が家で家族との時間を過ごしている時に、アトランティスの兵士が乗り込んで来るシーンでは、アトランティス兵のスーツから出る青い光の美しさがまるで違います。

エネルギー銃の光も全く違う。

 

その後もとても繊細な映像がずっと続きますが、本物の4Kって特に「水の表現」が凄いと思いますね。

 

最初の嵐のシーンの水のリアルさもですが、少年になったアクアマンこと「アーサー」が巨大な水族館でいじめに合うシーン、同梱のBD盤とは水中の立体感が桁違い。

ものすごく奥行きが有り、魚や浮遊する粒子、珊瑚、ガラスに写り込む水槽内などが細かく判別出来ます。

BD盤ではここまで解像されていないので、水槽内がガラス越しに見える一枚の絵に近いように感じてしまいます。

 

大人になったアクアマンの刺青の入った肌の感じもBD盤では出せない質感ですね。

 

海賊に襲われたロシア潜水艦を助けに来たアクアマンがグレネードランチャーで撃たれて倒れ込むシーン、アクアマンの体から上がる煙の細かさ、リアリティが全く違う。

輸入版との差も有りますが、同梱のBD盤との精細感の違いが際立っていますね。

 

アトランティスの王どうしがあい間見える海中シーンの美しさ、アトランティスの戦艦や兵士のスーツの青白い光は凄い繊細さです。

 

陽光の下でアーサー少年が教育係のバルコに泳ぎを教えてもらいイルカと泳ぐシーンは、強烈な美しさで感嘆しますよ。

 

そして全編を通して感じたのは、この盤の「光表現の凄さ」です。

これだけ光に力のある作品、円盤は経験が無いですね。

 

また所々で突然画面サイズが変わりますが、過去の「ダークナイト」などの例を見ると、上下に黒い帯が出る方が通常カメラ、画面全体に映像が出るのが「I-MAXカメラ」だと思います。

しかし、イタリア・シチリア島のシーンなどは通常カメラのはずなのにI-MAXカメラのシーンよりも黒が良く締まってリアルに感じますね。

 

シチリア島のシーンは異常な程の超絶高画質で、これはもう4Kデモ映像、いやYouTubeの8K映像と同等と言ってもいいくらいですよ。

 

全体に後半のほうが画質が良くなっているのでかなり驚きました。

I-MAXサイズのアーサーとアトランナ王女が再会するシーンなんか感動のクオリティです。

 

まさか輸入版がBD画質だったアクアマンでこの信じられない映像を拝めるとは。

初めてこれ10点付けてもいいかも、と思いましたよ。

 

最高画質の更新です。

本当に凄い!

 

アクアマン4K-UHD盤の音質面

 

音声はドルビーアトモス仕様

 

音量ボリュームは充分で、上げなくても大丈夫なくらいです。

より作品を楽しみたければ、3~5デシベル ( 6~10メモリ ) 程上げてやるとより良い状態で鑑賞出来ます。このあたりはお好みで。

 

※ちなみに輸入盤の音声は国内版との違いが感じられませんでした。

クオリティは良いようです。

 

天井スピーカー無しのレビュー

 

まずは天井の「ハイトスピーカー」をオフにしたドルビーTrue HD変換の音声から。

諸事情で天井までスピーカーを付けられないという方は多いと思いますからね。

 

さて、天井スピーカーを使わなくてもその音響の優位性が感じられるのはこの作品でも同じです。

各チャンネルは良く鳴り、音のつながりも良い。

天井からの音は無いのですが、結構高さ方向も感じられます。

濃密な音響空間を楽しめますよ。

 

格闘シーンなどはアトモスとあまり遜色のない迫力ですね。

アトランティス王たちの会合の海中シーンでも水中らしい感じが良く出ていて、響きがすごく心地よい。

 

アトランティスの力による津波に襲われるシーンでは音の移動感もバッチリです。

 

戦闘シーンも不満を感じる所がありません。

その後も終始天井スピーカーが無い事など感じないくらいに素晴らしい音響が楽しめますよ。

 

ただ私のDENON X8500Hでは、かなり繊細な音が楽しめるのでいつも「PURE DIRECTモード」で観てるのですが、このアクアマンはなぜか7.1ch音声でなく5.1ch音声に変換されてしまい、サラウンドバックの音が出ません。

AUTOで聴くと7.1chで出力されるという何故だか分からない症状がみられたので、アトモス対応していないシステム構成ではちょっと不満が出るかもしれません。

 

天井スピーカー有りのレビュー

 

続いて4本の天井スピーカーを使った状態のレビューを。

 

やっぱり音の密度感が違いますね~。

TrueHD変換音声もかなり良かったですが、こちらがやはり全然濃厚ですよ。

 

※まだ作品を観たことがない方はここからは完全にネタバレ部分が含まれますので飛ばしてください

観たことがある方はこちらをクリック

灯台の家で家族でくつろいでいる時に突然アトランティス兵が乗り込んで来るシーンの複雑な音響からして凄い。

アトランナ女王がバッタバッタと兵を倒していく格闘シーンの映像と音のシンクロ具合が気持ちいい。

 

その後も終始自分の部屋全体が音に包まれる濃密さは素晴らしいですが、それぞれの音の分離が良いので効果音がBGMに埋もれてリアルさが無いという事はなし。

ロシアの潜水艦内で暴れ回るアクアマンのシーンは痛快そのものです。

 

もちろん派手なシーンばかりではなく、静かなシーンの細かなリアリティもバッチリ。

メリハリが有るので見せ場がまた際立ちます。

 

特筆すべきはやっぱり海中シーンの濃密過ぎるくらいの音響ですね。

天井スピーカーが有る事の恩恵が存分に味わえます。

 

オススメの聴き処シーンは沢山有りすぎて書くと本当にキリがないので、ご自身で買って確かめて下さい。

「ここスゲー」、とか、「ここも、あのシーンも」、と最初から最後まで楽しめる事請け合いです。

マジでスゴイっすから。

 

作品基本情報

 

監督 ジェームズ・ワン
脚本 クリス・マッケナ / エリック・ソマーズ
原作

アメコミ「アクアマン」

ポール・ノリス/ モート・ワイジンガー
制作 ピーター・サフラン/ ロブ・コーワン
制作総指揮 デボラ・スナイダー/ザック・スナイダー/ジョン・バーグ/ジェフ・ジョンズ/ウォルター・ハマダ
音楽 ルパート・グレッグソン=ウィリアムズ
劇場公開年 2019年公開
キャスト アーサー・カリー / アクアマン ( 主人公。アトランティス人の女王と灯台守の人間の間に生まれたハーフ・ブリードで超人的な能力を持つ ) : ジェイソン・モモア

メラ( アトランティスの海底国ゼベルの王女。オーム王の許嫁だがアーサーに惹かれ裏切る。水を操る能力があり、高い戦闘能力を持つ。 ) : アンバー・ハード

アトランナ ( アトランティスを治めていた前女王。アーサーとオームの母で、アーサーを生んだ後アトランティスに戻り、行方が分からなくなっている。) : ニコール・キッドマン

トム・カリー ( 灯台守をしているアーサーの父親。偶然瀕死のアトランナ女王を助けたことから恋に落ちる。酒にめっぽう強いと言いながら酔いつぶれる) : テムエラ・モリソン

バルコ ( アトランティスの参謀。アーサーの戦闘術などの教育係を務めていた過去があり、現在もアーサーに助力している) : ウィレム・デフォー

ネレウス王 ( 竜のおとし子?の強力な軍団を持つアトランティスの海底国ゼベルの王で、メラの父親。 ) :  ドルフ・ラングレン

オーム王 ( アトランティスの王であり、「オーシャンマスター」を名乗る。アーサーとは異父兄弟の関係にあり、アトランティスの国々を統一して地上を攻撃せんと目論む。 ) : パトリック・ウィルソン

デイビッド・ケイン / ブラックマンタ ( 海賊。なぜか初対面のアクアマンに敵対心を抱いていた。アクアマンとの戦いで父を失い、復讐に燃える。 ) :  ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世

ジェシー・ケイン ( 海賊でデイビッド・ケインの父親。アクアマンとの戦闘で自ら命を断つ) :  マイケル・ビーチ

アトラン王 ( アトランティスの初代王。亡くなってからも亡骸のまま伝説の武器トライデントを守っている ) :  グレアム・マクタヴィッシュ

ブライン王 ( 甲殻類(ブライン)の王。カニのような容姿の勇猛な人物) : 声/ジョン・リス=デイヴィス

リクー王 ( アトランティスの魚人(フィッシャーマン)の国の王。人魚のような容姿) : 声/ジャイモン・フンスー

カラゼン ( アトランティスの伝説の巨大な怪物。アトラン王の伝説の武器トライデントを守っており、手にしようとする者の行く手を阻む) : 声/ジュリー・アンドリュース

※Wikipedia参照

 

製品基本情報

 

発売年 2019年発売
本編時間 BD / 4K-UHD共に143分
映像特典※BD盤にのみ収録 ・アクアマンになるために : ジェイソン・モモアの世界

・アクアマンの世界 : メイキング

・ジェームズ・ワンの挑戦

・ブラックマンタ : アクアマンの宿敵に秘められた歴史

・アトランティスの女性

・ヴィランのトレーニング

・二人の関係

・フィナーレ

・海中の生物

・アクアテック

・シーン解説 ( 潜水艦・シチリア・トレンチ )

・7つの海の王国

・予告編 ( シャザム ! )

ディスク情報 4K-UHD/ディスク1枚/2層収録100GB・H265/HEVC方式

BD/ディスク1枚/2層収録50GB・H264/AVC方式

映像収録情報 4K-UHD / 16✕9 ( 1.78 :1 / 2.4 :1の切り替え )3840✕2160p

BD / 16✕9 ( 1.78 :1 / 2.4 :1の切り替え )1920✕1080p

音声収録情報 4K-UHD / ドルビーアトモス 英語

DTS HDマスター・オーディオ5.1ch 英語

ドルビーデジタル5.1ch 日本語

BD / ドルビーアトモス 英語

DTS HDマスター・オーディオ5.1ch 英語

ドルビーデジタル5.1ch 日本語

字幕情報 BD / 4K-UHD共に

日本語字幕

英語字幕

定価 / 実売価格帯 6990円+税 / 3600円前後※記事作成時点の価格ですので変動あり・購入前には必ずご自身でご確認ください
発売元 ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

 

※私の視聴環境

 

金欠なのでビンテージものばかりですが・・・画も音もお気に入りです。

注※2020年6月8日追記・仮に金があっても「今の全ての4Kテレビは買う価値ゼロ」なので手持ちのテレビが壊れない限り絶対に買いません。

TVモニター

※AVアンプがあるためモニター用途として使用

東芝 CELL REGZA 46XE2
4Kブルーレイレコーダー パナソニック DMR-4W200
AVアンプ パイオニア SC-LX86

→2020/4/25日にDENON AVC-X8500Hにグレードアップ

9ch ( 7.1.2ch構成 ) スピーカー ( イマーシブオーディオ非対応→DENON AVC-X8500H購入で対応完了 )2020年6月5日に11ch ( 7.1.4ch構成 ) スピーカー ( 地上7.1ch / 天井4ch ) のイマーシブオーディオに完全対応 地上・メイン=デノンSC-700→SC-900✕1組にグレードアップ

地上・センター=デノンSC-E757✕1本

地上・サラウンド・サラウンドバック=デノン SC-700✕2組

天井・フロントハイト=KEF Q300 ( version up )→イクリプス TD508Mk3✕1組にグレードアップ

天井・リアハイト=メインに使用していたデノン SC-700✕1組を追加

0.1ch ウーファー ヤマハ YST-SW800✕1基

 

私が未だに4Kテレビを導入しないというか導入できなくなっている理由はこちら↓ 

なぜ4K-UHDなのに2Kテレビでレビューしているのかが分かります。

4Kテレビの画質ってどう思います?その必要性に大きな疑問符が

 

まとめ

 

いやぁ、映像面・音響面それぞれここまでハイクオリティだとは思いもしませんでした。

初めて音質面だけでなく画質面も10点満点を付けようか迷った円盤です。

 

何故輸入版のクオリティがあれだけ低かったのか理解出来ないくらいの違いですね。

4K-UHDディスクのひとつの到達点だと思います。

 

これぞ本物の4K Ultra HD!!!

 

新作旧作含め、全ての4K-UHDソフトがこのクオリティで発売されたなら、誰もガッカリする事は無くなるでしょう。

 

 

4K-UltraHDレビュータイトル一覧

 

-4K UHDレビュー, BDレビュー, 洋画

Copyright© ハイデフ・マニア|やっぱ高画質じゃないとね! , 2020 All Rights Reserved.