4K UHDレビュー BDレビュー 洋画

IT/それが見えたら終わり4K-UHD/BDレビューちょっと残念

2019年12月21日

Pocket

IT/それが見えたら終わり 4K-UHD パッケージ表面

IT/それが見えたら終わり」の4K-Ultra HD Blu-ray / Blu-rayセットのレビューです。

 

公開時ホラー映画史上No,1ヒットとなった、「ホラー版スタンドバイミー」とも言うべきジュブナイル (= 少年少女またはティーンエイジャー ) 映画。

ホラー版といってもそれほど怖いわけではなく、少年たちが力を合わせて恐怖に打ち勝つ物語で、こちらも世界的に大ヒットした動画配信の「ストレンジャー・シングス」と非常に良く似ています。

ストレンジャー・シングスの主人公を演じた少年が、本作にも出演しているというのも面白い。

どの子かは実際観て探してくださいね。

 

※こちらは輸入盤ではなく、国内版4K-Ultra HD Blu-ray盤とBlu-ray盤のセットでの評価です。

以下4K-Ultra HD Blu-rayを4K-UHD、Blu-rayをBDと略します。

 

単品で発売されていた廉価版BDはなかなかの高品質でした。

ということで、廉価版BDと4K-UHDとの画質差がとても気になるので、画質・音質を検証してみましたよ。

どのくらいの画質・音質になっているのでしょうか?

 

管理人のレビュー方針・評価能力について

ちなみに私、大人気漫画「 キングダム 」でいうと「 麃公 ( ひょうこう ) 将軍」タイプの本能型なので、上手く作品の評論が出来ません。

「良いか悪いか」、「面白いか面白くないか」は直感的に感じられるけど、どこがどうだから面白いか、という細かいところは気にしないし表現出来ません。

ですから、作品に対する深い考察みたいなものはAmazonレビューとかでも上手に語っている方が沢山いらっしゃるのでそちらにお任せします。

基本観て内容が気に入ったものしか買いませんので、パッケージソフトでレビューしてるものはお気に入りの作品ということでご理解ください。

そういうことで画質・音質中心のレビューをしますね。

画質・音質レビューも「綺麗か汚いか」、「音が良いか悪いか」のみで、「コントラスト」がどうの「白浮き」がどうの「ダイナミックレンジ」がどうのみたいなことは判りません。

その代わり、私は「スーパーリアルイラスト」という写真のような絵が描ける能力があり、そのため画像判別能力は普通ではないことを記しておきますので判断材料にしてください。

耳も普通よりは良いと思いますが、なんせもう50才になるので若い頃聞こえてた音が聞き取れなくなっています。

音質面の詳細なレビューは少なめです。

 

作品評価 7点
画質評価 BD / 9点

4K-UHD / 2点

音質評価 BD / 10点

4K-UHD / 10点

※画質評価は「2Kテレビでの評価」で、4K-UHD盤は「4Kテレビのデモ映像」と「2Kテレビで見たyoutubeの8K映像」を10点満点としますのでかなり厳しい点をつけています。

音質評価は音量や音響効果も加味しての点数です。

 

IT/それが見えたら終わりBD盤の画質面

 

こちらは4K-UHD盤とセットになっているBD盤です。

 

単品発売の廉価版からさらに綺麗になっています。

鮮鋭感は別物ですね。

BDとしては最高レベル。

 

※まだ作品を観たことがない方はここからは一部ネタバレ部分が含まれますので飛ばしてください

観たことがある方はこちらをクリック

オープニング後のジョージーが雨の中ITことペニーワイズに遭遇するシーンでは、水の質感がリアルになっているし、黒が良く効いている。

 

図書館で町の歴史を探るベン、その後ろを通る「毒々しいほど赤い風船」が背景から浮いて見えるほど、超絶くっきり。

 

暗いシーンでは単品発売版よりもノイズが減り解像度も上がっているため、かなり見やすくなっています。

 

おデブ少年ベンが図書館から出て来たところでは、非常に明るい日射しの中、極上の画質が続きます。

 

ベンがヘンリーたちイジメっ子に絡まれるシーンでは、背後の森の木々が葉っぱまでくっきり。

ヘンリーに切られるお腹も痛そう。

 

その後もしばらく続く森の中のシーンがとにかく綺麗です。

川の水や石もかなりリアル。

 

砕石場でルーザーズたちがはしゃぐ場面や、メンバーのエディがいかにもな屋敷で真っ赤な多数の風船を持ったペニーワイズに遭遇する場面など、どのシーンでも鮮鋭感があります。

 

最後の下水道の対決シーンでも、暗いのに廉価版とは比べものにならないくらい良く見えます。

懐中電灯の光が凄くリアル。

全体に解像度が非常に高く感じられ、リアリティがかなり増していますね。

 

IT/それが見えたら終わりBD盤の音質面

 

廉価版BDと同じドルビーアトモス音声仕様。

アトモス対応でない我が家では、ドルビートゥルーHD7.1chに自動変換されます。

 

子供の歌声や笑い声、雷の轟く音などが縦横無尽に移動しまくりのオープニングのワーナーロゴは廉価版BDと全く同じ。

 

凝りに凝った音響設計もウーファーが吠えまくるのも、極上であるのは廉価版といっしょです。

 

※まだ作品を観たことがない方はここからは一部ネタバレ部分が含まれますので飛ばしてください

観たことがある方はこちらをクリック

不穏な効果音から、地を這うような轟音の中にITのタイトルが浮かぶシーンでも廉価版BDと同じですが、気持ち音圧が上がっているような気が・・・。

 

メンバーのエディが、廃屋となっている「いかにも」な屋敷で多数の真っ赤な風船を持ったペニーワイズに遭遇するシーン、自分の周りを不穏な効果音が取り囲み、「ゴゴゴ」、という轟音が迫ります。

 

捉えられたベバリーを助けてITを退治するために、ITの棲家である屋敷「井戸の家」に入り込むルーザーズ。

いじめっ子のヘンリーが追いかけてきて黒人少年マイクを金属の棒で殴りますがその音が実に痛そうです。

ここで、ヘンリーは心をすでにITに支配されていたんでしょうね。

 

最後のルーザーズとITとの直接対決では、ルーザーズのメンバーがITを金属バットや鉄筋で殴る音がとても鋭い。

 

効果音やセリフも非常に鮮明で素晴らしいですね。

 

ITの最後の言葉となる「フィアー」のセリフと悲鳴のような効果音が耳に残ります。

 

轟音だけでなく、学校の校庭でさえずる鳥の声や廃屋でのきしむ足音など、ちょっとした音も効果的に配置されていて凄くリアルですよ。

これ、なんだか音も単品発売版よりも良くなっているような気が・・・。

音の圧力が増してるように感じるんですけど、ちょっと判断つきません。

※私、映像はどうだったか観てハッキリと記憶でき、盤を入れ替えても違いがすぐに分かるのですが、音は明らかに違ってないと自信がないです。

 

違うのかな?と思うのは音圧のみで、音質・音響効果は同じではないかと思います。

 

ともかく、どこをとっても極上な音質、音響効果ですね。

 

IT/それが見えたら終わり4K-UHD盤の画質面

 

観てみましたが、滑らかさは「廉価版BD」と「セットのBD盤」どちらと比べても上です。

しかし、鮮鋭感としては「セットのBD盤」に完全に負けています。

 

感覚としてはパソコンソフトで480iの映像を1080pの映像にアップコンした時のような感じ。

滑らかにはなったけどなんだか生ぬるいと感じるあれです。

 

私は鮮鋭感があるほうが好きなので、これはかなり残念。

 

しかし、ノイズも無く画面の粒子感も無いので、高画質であることには違いないですよ。

 

レジューム再生対応が有り、前回の続きから再生出来ます。

ただし、音声はデフォルトで日本語に設定されているため、字幕で観ていても吹替えで再生されてしまいます。

ここは同じ音声・字幕の設定でやってほしかったところですね。

 

字幕はBD盤より暗く設定されています。

 

※まだ作品を観たことがない方はここからは一部ネタバレ部分が含まれますので飛ばしてください

観たことがある方はこちらをクリック

再生してみると、オープニングは雨で暗いためBD盤との差は感じられません。

ジョージーが襲われる場面でもほとんど変化なし。

 

その後も観ていってもハッとするような良さがありません。

 

確実にBDより鮮鋭感がないな、と思ったのは、森の中でルーザーズのメンバーたちが初めてITの棲家となる下水道に失踪者を探すために入るシーン。

主人公のビルと「ビン底メガネ」のリッチーが下水管に入り、病弱エディと「ユダヤ教ラビの息子」スタンリーが入るのを拒否して外に残るのですが、外に残ったふたりの背後の森の木々の葉っぱや下水管にまとわりついているツタ、川の水や岩などがセットのBD盤であれだけ鮮明リアルだったのにクッキリ感が無くなっているのです。

BD盤では素晴らしく美しかったので、とても残念。

 

他に存在する「ネイティブ4K盤」のような強烈なフォーカス感は感じられなかったです。

 

全編を見てもBD盤と違いはほとんど感じられず、4Kの凄みは感じられません。

 

滑らかではあるけど、解像感はBD盤のほうが明らかに上です。

 

ネイティブ4Kと呼べる鮮鋭感もケタ違いの「イコライザー」とは違い、2Kアップコンのマスターなのでは ? という画質です。

 

充分高画質なんだけど、「2Kの延長上で4Kとは言えない」というところですかね。

正直、4K画質を期待して購入するとがっかりしますよ。

 

IT/それが見えたら終わり4K-UHD盤の音質面

 

音声はBD盤と同じドルビーアトモス仕様。

こちらもBD盤と同じく、アトモス非対応のシステムではドルビートゥルーHD7.1chに自動変換されます。

 

この盤は正直、廉価版BDとの違いが感じられませんでした。

ということは、セットBD盤の音圧の違いも気のせいだったかも・・・。

 

まぁ、どちらにせよ極上であることには違いないです。

BD盤と同じく、オープニングのワーナーロゴから子供の歌声や笑い声、雷の轟く音などが縦横無尽に移動しまくりますし、静かな音から大ボリュームまで、音質、音圧共に非常に良く、ダイナミックな音響が楽しめます。

凝りに凝った音響設計や吠えまくるウーファーも同じ。

 

※まだ作品を観たことがない方はここからは一部ネタバレ部分が含まれますので飛ばしてください

観たことがある方はこちらをクリック

 

全編にわたり不穏な効果音や轟音で事あるごとに脅かし続けられる中、採石場の跡地の池でマイクを除くルーザーズのメンバーが水遊びをするシーンでは、穏やかなピアノの音に包まれ心地よく、ホッとします。

 

しかし穏やかなシーンは割合としてやっぱり少ない。

 

ベバリーの家で、ベバリーが洗面台の下水管から襲われるシーン、ホラーの名作「エルム街の悪夢」ばりに大量の血が吹き出し部屋中が真っ赤になるところでは、ピチャっという血まみれの髪の毛の音から「ゴボゴボ」っという鈍い音、吹き出す血の轟音、雨のような血しぶきの音など全方位で「カオス」な場面を表現しています。

 

TVCMなどで使われた、主人公ビルの家のガレージで写真のスライド投影機を使いITの本拠地を探る場面。

勝手にスライド投影機が動き出しITが現れるシーンでは、禍々しい音響が流れ、轟音で全チャンネルが吠えまくります。

いやぁ、やっぱりホラーものは音が重要な役割を果たしますから、本当に凝った音響設計がなされていて楽しいですよ。

 

しかし、聴き比べた3枚とも印象はおなじ。

廉価版であっても優秀な音声で聴けるのは嬉しいですが、この盤はやっぱり4K-UHDなんだから、BD盤とは差をつけてほしかったというのが正直なところですかね。

 

 

 

作品基本情報

 

監督 アンディ・ムスキエティ
脚本 チェイス・パーマー / ゲイリー・ドーベルマン / キャリー・フクナガ
原作

「IT/イット」

スティーヴン・キング
制作 ロイ・リー / ダン・リン / セス・グレアム=スミス / デビッド・カッツェンバーグ
製作総指揮 リチャード・ブレナー / デイブ・ノイスタッター / ウォルター・ハマダ 他
音楽 ベンジャミン・ウォルフィッシュ
劇場公開年 2017年公開
キャスト IT / ペニー・ワイズ : ビル・スカルスガルド

ビル・デンブロウ : ジェイデン・リーバハー

ベバリー・マーシュ : ソフィア・リリス

ベン・ハンスコム : ジェレミー・レイ・テイラー

マイク・ハンロン : チョーズン・ジェイコブス

エディ・カスプブラク : ジャック・ディラン・グレイザー

リッチー : フィン・ウォルフハード

スタンリー・ユリス : ワイアット・オレフ

ジョージー・デンブロウ : ジャクソン・ロバート・スコット

ヘンリー・バワーズ : ニコラス・ハミルトン

 

製品基本情報

 

発売年 2018年発売
本編時間 4K-UHD / BD共に135分
映像特典※BDのみ BD / 収録時間約61分

・ペニーワイズは生きている! / 踊る道化師ペニーワイズとして知られる古の怪物にビル・スカルスガルドが変身するまでの過程に密着

・ルーザーズ・クラブ  / ITの撮影期間中に仲間の絆を深めていく10代のスターたちの素顔に迫る

・ホラー小説の巨匠:スティーヴン・キング / ベストセラー小説のルーツ、子供時代の恐怖の特徴、そして自身が生み出した最も有名な怪物ペニーワイズの誕生秘話について、スティーブン・キングが語る

・未公開シーン集 / 映画の未公開 ( 拡大シーン11編 )

ディスク情報 4K-UHD / ディスク1枚/2層収録66GB・H265 / HEVC方式

BD / ディスク1枚/2層収録50GB・H264/AVC方式

映像収録情報 4K-UHD / 16✕9 ( 2.4:1 )3840✕2160p

BD/16✕9 ( 2.4:1 )1920✕1080p

音声収録情報 4K-UHD / ドルビーアトモス英語

DTS HD Master Audio5.1ch英語

ドルビーデジタル5.1ch日本語

BD / ドルビーアトモス英語

DTS HD Master Audio5.1ch英語

ドルビーデジタル5.1ch日本語

字幕情報 日本語字幕

英語字幕

定価 / 実売価格帯 5990円+税 / 4000円前後※記事作成時点の価格ですので変動あり・購入前には必ずご自身でご確認ください
発売元 株式会社ワーナー・ブラザーズ・ホームエンターテイメント

※この盤は、私の再生環境ではレジューム再生に対応せずでした。

 

※私の視聴環境

 

金欠なのでビンテージものばかりですが・・・画も音もお気に入りです。

TVモニター

※AVアンプがあるためモニター用途として使用

東芝 CELL REGZA 46XE2
4Kブルーレイレコーダー パナソニック DMR-4W200
AVアンプ パイオニア SC-LX86
9chスピーカー ( イマーシブオーディオ非対応 ) メイン・サラウンド・サラウンドバック=デノン SC-700✕3組

センター=デノン SC-E757✕1本

フロントトップ=KEF Q300 ( リニューアル版 )✕1組

ウーファー ヤマハ YST-SW800✕1基

 

私が未だに4Kテレビを導入しないというか導入できなくなっている理由はこちら↓ 

なぜ4K-UHDなのに2Kテレビでレビューしているのかが分かります。

4Kテレビの画質ってどう思います?その必要性に大きな疑問符が

 

まとめ

 

残念ながら、肝心の4K-UHD盤の画質はセットのBD盤とたいして変化のない印象でした。

ただ、滑らかさは1番なので、そこを重視する方には良いのではないかと思います。

 

反面、セットのBD盤は4K-UHD盤を上回る鮮鋭感で、質感が素晴らしいです。

 

廉価版BD・セットのBD盤・4K-UHD盤の中で1番おすすめはセットのBD盤ですね。

 

どの盤も音声はアトモス仕様で極上、とても素晴らしい音響設計がなされています。

静かなシーンのちょっとした音から突然の轟音まで、ピエロのペニーワイズにふさわしい遊園地のような「めくるめく音響効果」を堪能出来ます。

 

アトモス対応していなくても心配ご無用。

音だけで買う価値ありですよ。

 

音響が素晴らしい「IT/それが見えたら終わり」ですが、特にこのような静かなシーンと轟音シーンが頻繁に入れ替わるような映画では、AVアンプがその威力を発揮します。

上質なAVアンプだと、テレビのスピーカーなどの質の低いシステムでボリュームを上げたときに聞こえる「サー」というノイズが全く無く、「無音」からいきなり「轟音」が飛び出しますので、心臓に悪いです。笑。

後ろからなど、本当にその場所から聞こえるような物音や効果音も気持ち悪いくらいにリアル。

 

ホラーを観るならAVアンプがおすすめですよ。

 

そして完結となる続編も発売されますよ !

 

AVR-X2600H DENON [デノン] AVアンプ Dolby Atmos、DTS:X対応
パイオニア ネットワーク対応 11ch AVアンプ SC-LX901-B

 

4K-UltraHDレビュータイトル一覧

 

-4K UHDレビュー, BDレビュー, 洋画

Copyright© ハイデフ・マニア|やっぱ高画質じゃないとね! , 2020 All Rights Reserved.