4K UHDレビュー 劇場アニメ 名作アニメ

GHOST IN THE SHELL攻殻機動隊/イノセンス4K-UHDレビュー

2020年1月24日

Pocket

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊 イノセンス 4K-UHD ディスク表面GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」と「イノセンス INNOSENCE」の4K-Ultra HD盤セットのレビューです。

 

押井守監督が手掛けた、士郎正宗原作の「攻殻機動隊」の映画化となる傑作劇場アニメ2作品がセットになった物。

※Blu-ray盤は無く、4K-Ultra HD Blu-rayだけのセットになっています。

 

傑作作品ですから、やっぱり4Kの超高画質で持っておきたいですよね。

 

ということで、4K-Ultra HD Blu-rayの画質がとても気になるので、画質・音質を検証してみましたよ。

どのくらいの画質・音質になっているのでしょうか?

 

※以下4K-Ultra HD Blu-rayを4K-UHD、Blu-rayをBDと略します。

 

管理人のレビュー方針・評価能力について

ちなみに私、大人気漫画「 キングダム 」でいうと「 麃公 ( ひょうこう ) 将軍」タイプの本能型なので、上手く作品の評論が出来ません。

「良いか悪いか」、「面白いか面白くないか」は直感的に感じられるけど、どこがどうだから面白いか、という細かいところは気にしないし表現出来ません。

ですから、作品に対する深い考察みたいなものはAmazonレビューとかでも上手に語っている方が沢山いらっしゃるのでそちらにお任せします。

基本観て内容が気に入ったものしか買いませんので、パッケージソフトでレビューしてるものはお気に入りの作品ということでご理解ください。

そういうことで画質・音質中心のレビューをしますね。

画質・音質レビューも「綺麗か汚いか」、「音が良いか悪いか」のみで、「コントラスト」がどうの「白浮き」がどうの「ダイナミックレンジ」がどうのみたいなことは判りません。

その代わり、私は「スーパーリアルイラスト」という写真のような絵が描ける能力があり、そのため画像判別能力は普通ではないことを記しておきますので判断材料にしてください。

耳も普通よりは良いと思いますが、なんせもう50才になるので若い頃聞こえてた音が聞き取れなくなっています。

音質面の詳細なレビューは少なめです。

 

作品評価 GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊 / 9点

イノセンス / 8点

画質評価 GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊 / 3点

イノセンス / 3点

音質評価 GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊 / 2点

イノセンス / 9点

※画質評価は「2Kテレビでの評価」で、4K-UHD盤は「4Kテレビのデモ映像」と「2Kテレビで見たyoutubeの8K映像」を10点満点としますのでかなり厳しい点をつけています。

音質評価は音量や音響効果も加味しての点数です。

 

パッケージは表・裏でそれぞれ「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」と「イノセンス」のイラストデザインが採用されていて、普通に裏面に仕様や作品情報が印刷、という形にはなっていません。

必要な情報はパッケージの中に紙の印刷物で封入されています。

 

どちらもレジューム再生対応。

ディスクをレコーダーに入れたままだと、設定そのままで続きから再生します。

しかし、一度機器から取り出すと続きからは再生せず、最初からの再生に変わります。

 

2作品共に、チャプターが画面に一覧で一度に全て表示されるのは新鮮かつ便利ですね。

 

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊 4K-UHD盤の画質面

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊 4K-UHD パッケージ表面

残念ながら、4Kの超高精細映像を期待するとガッカリします。

しかし、あくまで「4Kとしては」ということで、今まで観てきた「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」の盤ではケタ違いに綺麗です。

Blu-rayのかなり高画質な映像、といったところでしょうか。

 

※まだ作品を観たことがない方はここからは一部ネタバレ部分が含まれますので飛ばしてください

観たことがある方はこちらをクリック

オープニングの「企業のネットが星を被い・・・・」の文字は、Blu-ray版と同じようにピンクっぽく見えます。

CGシーンも走査線が見えるオリジナルのままの物。

かなり綺麗にはなっていますけど。

 

オープニングの、ヘリが映りビル街を下へスクロールすると主人公「草薙素子」がビル屋上で外交官の会話をモニターしている場面、そこからもうクッキリ感が違います。

素子の顔の正面を映す場面は、Blu-ray盤と画質はあまり変化無しです。

 

暗部にわずかにジラジラとノイズが見えますが、ほとんど気にならないレベル。

 

その後の「サーモグラフィー映像」あたりから、旧Blu-ray盤とは全くの別物になります。

なかなか高画質だったver2.0の輸入盤と比べても、その情報量は圧倒的。

 

映像のくっきり感が段違いで、描画のタッチまでしっかり出ていますね。

元の情報を全てすくい上げたという感じです。

 

旧版、輸入盤共に「白く霞みがかかったような感じ」がありましたが、それがキレイに無くなっていて描線がクッキリ、色彩も色がしっかりと出ていますね。

 

素子が自分の部屋で目覚めるシーンのクッキリ感に驚きました。

 

また、クライマックスの多脚戦車との戦闘シーンなど、鮮明になった分、どうなっているのかが良く分かるようになりました。

 

キャラクター、背景などクリアーでとても綺麗になっています。

 

ただ、4K画質とは言えず、感覚的には「AKIRA」のBlu-ray盤を見てるよう。

 

残念ながらどう好意的に見てもただのBlu-ray画質にしか見えません。

実際、Blu-rayで超高画質の「Mr,インクレディブル」シリーズのほうが2Kであるにもかかわらずはるかに綺麗です。

 

ルパン三世 ルパンVS複製人間」や「ルパン三世カリオストロの城」のような、元の絵である「セル画」がそのまま動いているかのような凄さはありません。

4Kの凄み、4K解像度を感じるところは一つもありませんでした。

 

しかし残念とは言いながらも、この盤が今現在手に入るGHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊の最高画質であることには違いありませんけどね。

 

GHOST IN THE SHELL攻殻機動隊4K-UHD盤の音質面

 

音声はPCM2.0ch ( ドルビーサラウンド ) 仕様。

 

ver2.0の輸入盤で採用されていた、スカイウォーカーサウンドでリミックスされたDTS HDマスターオーディオ6.1chの極上音声ではなく、旧Blu-ray盤と同じ仕様なのはかなり残念。

オリジナルを大切にする気持ちは分かるけど、せめてロスレス音声も収録して選択出来るようにして欲しかった。

 

ver2.0であれだけ凝った良い音響で鑑賞出来るようになっていたのだから、採用を見送ったのは間違いだと思います。

本当に残念。

 

しかも、音量レベルが低くてボリュームを最低5つ上げないと聞き取りづらくてしょうがない。

 

しかし、音量さえ上げれば音質自体は充分なレベルです。

 

音響は輸入盤のver2.0を観たあとではお話にならないですよ。

あちらは音響に凝りまくったDTS HD マスターオーディオ仕様でしたからね。

 

なぜこんな魅力の無い仕様なのか、作品に対する情熱が感じられないです。

 

イノセンスINNOSENCE4K-UHD盤の画質面

イノセンス 4K-UHD パッケージ表面

画質は、高画質だったアブソリュートエディションBD盤から大幅に向上してます。

ノーマル版Blu-rayと比べるともう全くの別物。

 

色も濃くなっていますが、4K-UHD盤によく有りがちな色彩の不自然さは感じられません。

 

薄皮を一枚、ノイズごと剥ぎ取ったかのようなクリアさがあります。

これだけノイズが無くなっているのは感動的。

 

しかしこちらも4Kの超高精細映像を期待するとガッカリしますよ。

 

※まだ作品を観たことがない方はここからは一部ネタバレ部分が含まれますので飛ばしてください

観たことがある方はこちらをクリック

オープニングの巨大ビルの周りを単騎乗ヘリが飛ぶCGシーンは、ノイズが全く感じられない滑らか画質。

 

しかし、クッキリ感はアブソリュートエディションBD盤からあまり変化していません。

 

巨大ビルの窓枠に、立体感が増しているような向上を感じます。

 

その後のオレンジと黒のデータイメージのCGシーンでも綺麗になっていますね。

 

バトーが現場に到着する場面が、BD盤とは解像度が違います。

ベールが一枚剥がれた感覚です。

バトーのハンドルを操作する所に注目すれば、そのくっきり感が特に感じ取れますね。

 

フィルムグレイン感もノイズも、かなり無くなっています。

街の黒が別物のように良く締まってる。

 

ただ、バトーが「状況は?」と警察に確認する場面には、やっぱり白っぽくノイズが出ていますね。

青白くライトアップされた現場入り口にカメラが寄る場面では、画面両脇に立つ警察部隊の身体にBD盤よりも多くのノイズが出てしまってます。

 

犯行現場内の通路場面のCGでもノイズの感じられない滑らか画像。

バトーの視覚野ショットではレンズの歪み感などから立体感が出てます。

 

前作同様にガイノイドが出来上がっていくオープニングロールでも、ノイズが無いからか、生体コーティングがなされるシーンのCGの線一本一本がしっかり分離して見えます。

しかし、CGシーン全体に描写の甘さがありますので、もう少しシャープなフォーカス感が欲しかったですね。

 

荒巻部長の部屋の「大樹の絵画」にフィルムグレインがほとんど感じられないのが感動的。

その代わり、絵画の中の赤い色がBD盤より薄くて周りの黒に埋もれて見えます。

 

「ドヒュン」という音と共にバトーとトグサが高速を車で走るシーン、運転席の窓の向こうに見える高層ビルがクッキリ。

 

警察署2階の床の機械的な模様が、綺麗だったアブソリュートBD盤よりさらにクッキリと描写されています。

 

鑑識でガイノイドに残された音声バッファを再生するシーンで、BD盤にはバッファのモニター画像にノイズが大量に出ていたのですが、この4K-UHD盤ではかなり無くなっています。

 

鑑識を出てバトーとトグサが車に戻った場面のクリアさが凄い。

 

北端ロクスソルス社の巨大な建物もさらに美しく。

パレードシーンはめちゃめちゃ綺麗ですね。

 

しかし、ハッカーのキムの館では思ったほど美しさは増していません。

もう少し色彩が美麗になると思ったのですが。

 

最後のロクスソルス社の船内での攻防はノイズが無いものの、シャープさが足りません。

クライマックスなのでもう少しクリアにして欲しかったですね。

 

相当美しい映像になっていますが、作品の画調として「霞みのかかったような雰囲気」が与えられているので、切れるようなシャープさはありません。

こちらも「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」盤と同じく、Blu-rayで超高画質の「Mr,インクレディブル」シリーズの2K画像のほうがはるかに綺麗です。

 

ルパン三世 ルパンVS複製人間」や「ルパン三世カリオストロの城」のような、元の絵である「セル画」がそのまま動いているかのような凄さはありません。

 

後で知ったのですが、押井監督はフィルムらしさが好きでわざわざ作品にフィルム・グレインを付け足したとのこと。

なんじゃ、そりゃ、です。

そんなことするから4K UHDディスクなのに全く4Kに見えなくなるんですよね。

個人の趣味で自宅で観る際にだけやってくれたらよかったのに、作品自体に自分の趣味を押し付けるから近未来の物語なのに鮮鋭感の無いものになるんですよ。

期待して4K版を買った者の身にもなってくれ !!!

 

まぁ、とにかく、4K画質とは全く言えず、Blu-rayの高画質版といったところです。

手に入る最上の画質には違いないんですけど・・・。

 

イノセンスINNOSENCE4K-UHD盤の音質面

 

音声は滅多に見かけないDTS Ⅹ( テン ) 7.1.4ch仕様

※DTS X非対応のAVアンプでは自動的にDTS HDマスターオーディオ7.1chに切り替わります。

 

音の鋭さが格段に上がっています。

自分の方に飛んで来る勢いが感じられますね。

 

セリフがスッと聞き取れますよ。

呟くような小音量のセリフでもくっきりと聴こえます。

 

※まだ作品を観たことがない方はここからは一部ネタバレ部分が含まれますので飛ばしてください

観たことがある方はこちらをクリック

犯行現場での野次馬たちのざわめきや喧騒が、細かい所まで判別出来ます。

 

バトーが犯行現場内の通路を歩いて行く場面で、ボリュームを全く上げていないのにバトーの足音が聞き取れたのは嬉しかったですね

年齢のせいで耳が老化していて、BD盤ではどんなに耳を凝らしても聴こえませんでしたから。笑。

 

ガイノイドの「助けて」というセリフも聴こえ方が違います。

 

バトーの銃の音が消えていった後始まる、オープニングロールの曲「傀儡謡」の多重コーラスが素晴らしい。

 

警察署内の喧騒がとても細かく聴こえます。

 

ロクスソルス社の出荷担当が惨殺されたボートハウスでの電脳での会話、BD盤では警察職員?の通話が入っても全く聞き取れなかったのに、4K-UHD盤ではギリギリ半分くらいは何を言ったのかが分かりますね。

 

ヤクザの事務所殴り込みでカニバサミ野郎が出てくるシーン、カニバサミのハサミの電子音みたいな音の鮮度が凄い。

 

バトーが犬のエサを買う食料品店でキルゾーンに入り込む場面、呼び鈴からの幻想的な音響が素晴らしいですね。

 

北端ロクスソルス社の周りを飛ぶ鳥たちの鳴き声や羽音、鳥型ヘリの駆動音なども耳を刺激します。

パレードシーンの「傀儡謡」がこれまた素晴らしい。

 

キムの館がロクスソルス社の船から攻撃を受けるシーンも大迫力。

 

最後の対決をするロクスソルス社船内での「攻性防壁の攻防」の音響の音質、効果も最高です。

 

音が全編クリアで、とにかく良く聞き取れますよ。

 

※4K盤2作品セットはAmazonのみしか残っていないようです。

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥8,318 (2020/12/02 10:43:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

作品基本情報

 

作品名 GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊
監督 押井守
脚本 伊藤和典
原作

「攻殻機動隊」

士郎正宗
制作 宮原照夫 / 渡辺繁 / ANDY FRAIN
製作会社 Production I.G
音楽 川井憲次
劇場公開年 1995年公開
キャスト 草薙素子 ( 主人公。 脳核意外は義体化された少佐と呼ばれる女性 公安9課のメンバー ) : 田中敦子

バトー ( 全身がほぼ義体化された素子の同僚 恋人? 公安9課のメンバー ) : 大塚明夫

トグサ ( 旧式リボルバーのマテバを使うバトーの相棒 公安9課のメンバー ) : 山寺宏一

イシカワ ( 凄腕ハッカーで電脳戦のエキスパート 公安9課のメンバー ) : 仲野裕

荒巻大輔 ( キレ者の公安9課の部長 ) : 大木民夫

人形使い ( プロジェクト2501と呼ばれる電脳の海で発生した人智を超えた生命体 ) : 家弓家正

中村公安6課部長 ( 人形使いを抹殺しようと目論むグラサンの人物 ) : 玄田哲章

清掃局員 ( 運転手じゃない方 怒鳴る声で分かる 笑 ) : 千葉繁

外務大臣 ( 荒巻部長とエレベーター内で会話する人物 ) : 山内雅人

外交官 ( 素子に暗殺される人物 ) : 小川真司

ウィリス博士 ( 中村と共に9課を訪れ人形使いの目的を感じ取る両手を義体化した外人 ) : 生木政壽

清掃局員 ( 運転手。 家族の幻想を見せられていた気の毒な男性 ) : 山路和弘

少女(草薙素子) ( 素体が少女になった素子 ) : 坂本真綾

※参照 ウィキペディア(Wikipedia)

作品名 INNOCENCE イノセンス
監督 / 脚本 押井守
原作

「攻殻機動隊」

士郎正宗
制作 石川光久 / 鈴木敏夫
制作協力 スタジオジブリ
製作会社 Production I.G
音楽 川井憲次
主題歌『Follow Me』 伊藤君子
劇場公開年 2004年公開
キャスト バトー ( 主人公。全身がほぼ義体化されたサイボーグ 公安9課のメンバー ) : 大塚明夫

トグサ ( 旧式リボルバーのマテバを使うバトーの相棒 公安9課のメンバー ) : 山寺宏一

イシカワ ( 凄腕ハッカーで電脳戦のエキスパート 公安9課のメンバー ) : 仲野裕

荒巻大輔 ( キレ者の公安9課の部長 ) : 大木民夫

草薙素子? (  前作で人形使いと融合し、人間を超越した存在となった少佐と呼ばれた女性 元公安9課のメンバー ) : 田中敦子

ハラウェイ検死官 ( バトーが破壊したガイノイドの検分を行った、目の周りを義体化した女性検死官 ) : 榊原良子

鑑識官 ( べらんめぇ調の、おそらく眼を義体化してるベテラン鑑識 ) : 堀勝之祐

キム ( カラクリ人形のような容姿をした全身義体のオルゴールの館の主 ) : 竹中直人

少女 ( 誘拐されゴーストダビングマシンに繋がれていた、ガイノイドで事件を起こした少女 ) : 武藤寿美

※参照 ウィキペディア(Wikipedia)

 

製品基本情報

 

発売年 2018年発売
本編時間 GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊 82分

イノセンス 99分

映像特典 ※GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊盤のみ 劇場特報

劇場予告編

ディスク情報 ディスク1枚/2層収録66GB・H265 / HEVC方式
映像収録情報 16✕9 ( 1.78 :1 )3840✕2160p
音声収録情報 GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊

リニアPCM ( ドルビーサラウンド ) 日本語

ドルビーデジタル ( ドルビーサラウンド ) 英語

イノセンス

リニアPCM 2.0ch 日本語

DTS X 7.1.4ch 日本語

DTS  Headphone : X 日本語

字幕情報 GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊

日本語字幕

英語字幕

イノセンス

劇場公開時字幕

日本語字幕

英語字幕

ジャケットイラスト 沖浦啓之
定価 / 実売価格帯 12800円+税 / 17000円前後※記事作成時点の価格ですので変動あり・購入前には必ずご自身でご確認ください
発売元 株式会社 バンダイナムコアーツ / ウォルト・ディズニー・ジャパン

 

※私の視聴環境

 

金欠なのでビンテージものばかりですが・・・画も音もお気に入りです。

TVモニター

※AVアンプがあるためモニター用途として使用

東芝 CELL REGZA 46XE2
4Kブルーレイレコーダー パナソニック DMR-4W200
AVアンプ パイオニア SC-LX86
9chスピーカー ( イマーシブオーディオ非対応 ) メイン・サラウンド・サラウンドバック=デノン SC-700✕3組

センター=デノン SC-E757✕1本

フロントトップ=KEF Q300 ( リニューアル版 )✕1組

ウーファー ヤマハ YST-SW800✕1基

 

私が未だに4Kテレビを導入しないというか導入できなくなっている理由はこちら↓ 

なぜ4K-UHDなのに2Kテレビでレビューしているのかが分かります。

4Kテレビの画質ってどう思います?その必要性に大きな疑問符が

 

まとめ

 

どちらの盤も4K-UHDと言うにはちょっと無理があるくらいの画質でした。

現状で手に入る1番良い画質クオリティで名作を持つ、という目的としては意味がありますが、4K画質は手に入りません。

残念です。

 

「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」盤は音質・音響面でも不満が残りましたしね。

「イノセンス」の音質は非常に良かったです。

 

この2Kの範囲を出ていない画質なら、4Kリマスター版のBD盤で充分なのではないかと思います。

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥4,918 (2020/12/02 13:09:07時点 Amazon調べ-詳細)

4K盤は名作のアーカイブの目的でお買い求めいただいたほうがいいかと。

 

※4K盤2作品セットはAmazonのみしか残っていないようです。

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥8,318 (2020/12/02 10:43:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

4K-UltraHDレビュータイトル一覧

 

-4K UHDレビュー, 劇場アニメ, 名作アニメ

Copyright© ハイデフ・マニア|やっぱ高画質じゃないとね! , 2020 All Rights Reserved.