4K UHDレビュー BDレビュー 劇場アニメ 名作アニメ

AKIRA特装版4K-UHD/Blu-rayレビュー 画質に不満足

2020年5月13日

Pocket

AKIRA 4K-UHDパッケージ アウターケース表面とうとう発売された日本アニメ史に名を刻む名作「AKIRA」の4K-UltraHD

発売前から、制作時にフィルムグレインの粒子を残した絵作りを行ったとのアナウンスがあったので、不安を感じながらも予約購入しました。

 

さて、そのクオリティはどうなんでしょうか?

画質音質チェックをしましたのでお伝えしたいと思います。

 

※以下4K-Ultra HD Blu-rayを4K-UHD、Blu-rayをBDと略します。

 

管理人のレビュー方針・評価能力について

ちなみに私、大人気漫画「 キングダム 」でいうと「 麃公 ( ひょうこう ) 将軍」タイプの本能型なので、上手く作品の評論が出来ません。

「良いか悪いか」、「面白いか面白くないか」は直感的に感じられるけど、どこがどうだから面白いか、という細かいところは気にしないし表現出来ません。

ですから、作品に対する深い考察みたいなものはAmazonレビューとかでも上手に語っている方が沢山いらっしゃるのでそちらにお任せします。

基本観て内容が気に入ったものしか買いませんので、パッケージソフトでレビューしてるものはお気に入りの作品ということでご理解ください。

そういうことで画質・音質中心のレビューをしますね。

画質・音質レビューも「綺麗か汚いか」、「音が良いか悪いか」のみで、「コントラスト」がどうの「白浮き」がどうの「ダイナミックレンジ」がどうのみたいなことは判りません。

その代わり、私は「スーパーリアルイラスト」という写真のような絵が描ける能力があり、そのため画像判別能力は普通ではないことを記しておきますので判断材料にしてください。

耳も普通よりは良いと思いますが、なんせもう50才になるので若い頃聞こえてた音が聞き取れなくなっています。

音質面の詳細なレビューは少なめです。

 

作品評価 8点
画質評価 4K-UHD / 5点

Blu-ray / 9点

音質評価 4K-UHD / 10点

Blu-ray / 10点

※画質評価は「2Kテレビでの評価」で、4K-UHD盤は「4Kテレビのデモ映像」と「2Kテレビで見たyoutubeの8K映像」を10点満点としますのでかなり厳しい点をつけています。

音質評価は音量や音響効果も加味しての点数です。

 

 

AKIRAのBD盤の画質面

AKIRA 4KリマスターBlu-rayディスク

既発売のBD盤とは結構な画質差がありますね。

 

オープニングの「アキラ」の力の暴走による東京爆発消滅のシーンの光の強さが、まぶしいくらい。

既発売版以上です。

 

その爆心地に浮かぶAKIRAのタイトルも輪郭がボヤけていたのがクッキリに変わっています。

 

全編にわたりフィルムゴミが取り払われていて、色彩も鮮やかに、フィルムグレインの粒子感も減っている状態。

 

アニメのBlu-rayとしては最高レベルですね。

後でチェックした4K-UHD盤とはほとんど差が無いクオリティの高さ。

改めて2K Blu-ray規格のポテンシャルの高さを感じました。

 

AKIRAのBD盤の音質面

 

既発売のBD盤もこの4Kリマスター版と同じ「ハイレゾ音声の192k24bit」の規格で収録されていますが、聴いた感じでは全くの別物になっています。

 

ただ、既発売版と比べると音量ボリュームが低く、3デシベル ( ボリューム6メモリ ) 上げてやっとセリフなどが同じレベルになります。

しかし、音質が全く別物なので、効果音や芸能山城組の音楽などが鳴ると凄い迫力ですよ。

 

再生して直ぐに出る「ハイパーソニック・サウンド」のロゴマークでの音が全然違う。

超精細な音に全身包まれる凄さ!

 

AKIRAのタイトルの場面では、ドーンという太鼓の音に包まれるのが凄い快感。

 

ちょっとした音でも鮮度が高く、ハゲ店長のBARでのTVに流れるアナウンサーの声すら相当にリアルで驚きます。

 

金田がバイクをスタートさせる場面の前輪のスパーク音、ロケットスタートのものすごい音から続く「芸能山城組」のコーラスを伴う音楽の迫力。

 

まるで音で頬を張り倒されてるかのように圧倒されます!

 

こいつは凄い !!

 

こんな経験は、同じハイレゾ規格だった既発売BDでも味わえませんね。

 

AKIRAの4K-UHD盤の画質面

AKIRA 4K-UHDディスク

う~ん、やっぱりね、の画質でした。

正直、2kBlu-ray規格で表現出来るんじゃない?というレベル

 

実際、同梱されている4KリマスターBD盤の画質と比べても、ほんとにごくわずかしか差がないです。

続けてよく観察して見ればその差が判りますが、どちらか片方だけを鑑賞した場合、「これが4K-UHD盤の方です」、と当てる事は相当に難しい、もしくは判らない思います。

2Kフルハイビジョンテレビでのチェックなので、4KテレビのちゃんとしたHDR環境下で見ると違いがあるのかもしれませんが、私は店頭の4Kデモ映像を見てHDRの威力を一度も感じた事が無いので、まず変わらないでしょうね。

 

まあでも、この4K-UHD盤は確かに「上映されたフィルム本来の映像」に限りなく近いくらいにはなっているのでしょう。

 

色彩は既発売の旧BD盤とは別物のように鮮やかになっていますし、かなりシャッキリと情報が浮かび上がっているのが確認出来ました。

同梱のBD盤を含め、確かに間違いなく今までの最高画質。

部分的にはかなり良い所も見られます。

 

しかし、ルパン三世の劇場版マモー編のような「これってセル画そのものなんじゃない?」という、これまで経験した事のないような画のレベルではないです。

あれを見てなければまあこんなものかな、と思うところですが、フィルムの再現ではなくそれよりももっと元の画像、「アニメーターが描いた絵そのもの」の雰囲気を表現出来てこそ4K-UHDの価値があると思っている私にとっては全く魅力を感じません。

「圧倒的な本物の臨場感こそが4Kが目指すもの」なのではないでしょうか?

 

これなら4K規格で収録する意味が無いですね。

4Kネイティブ感はゼロですよ。

 

超高画質である「ルパン三世カリオストロの城」と「ルパンVS複製人間」の4K-UHD盤ですら、「洋画の本物ネイティブ4K作品」で感じる4K感とは違っていたので、手描きアニメは4K-UHDに向かないのかもしれません

海外アニメの名作「ライオン・キング」も4K-UHDを買いましたが、あれも手描き作品ですけど4K感ゼロでしたから。

 

AKIRAの4K-UHD盤の音質面

 

音声はドルビーTrueHD5.1ch / 192kHz24bitのハイレゾマルチch仕様。

既発売のBD盤と音声規格は同じです。

 

音質、音響効果は強烈なハイクオリティ!

流石にハイレゾマルチch音声なので、他のパッケージソフトとはレベルが違います。

 

ただ、既発売のBD盤と比べると、音量ボリュームが低いですね。

同じボリュームなら4K-UHDのほうが迫力不足に感じます。

2デシベル ( ボリュームメモリ4つ ) 上げて既発売のBD盤と同じくらいになります。

 

しかし、音質自体は4K-UHDのほうがはるかに上。

まるで違います。

 

ちょっとした何気ない効果音から大轟音の見せ場まで、もうね、音の1つ1つが凄い鮮度で、刺さる手前の鋭さです。

耳に入って来る音のリアルさが凄すぎる!

超絶高音質ですよ。

 

30年経っているビンテージ物のスピーカー ( しかも2つはウーファーのコーン部分が劣化して一部朽ち落ちている ) から出てる音だとは思えません。

 

ちなみに同梱BD盤とは音の違いは感じられませんでしたので、同じ音声だと思います。

 

このセットは音質面に関しては他に類を見ないクオリティで、私が今までに触れてきた全てのパッケージソフトの中でNo,1だと思います。

ものすごく繊細・強力な音ですよ。

 

DENONのモンスターフラッグシップAVアンプ、AVC-X8500Hの力との相乗効果でこれまでにない体験が出来ました。

 

作品基本情報

 

監督 大友克洋
脚本 大友克洋 / 橋本以蔵
原作

漫画「AKIRA」

大友克洋
制作 鈴木良平 / 加藤俊三
音楽 芸能山城組
劇場公開年 1988年公開
キャスト 金田 ( 主人公。バイクが有名 ) : 岩田光央

鉄雄 ( 金田の幼馴染で、タカシとの接触により力が発現する ) : 佐々木望

ケイ ( レジスタンスの少女。霊媒能力が芽生える ) : 小山茉美

アキラ ( 過去に東京の街を力の暴走により壊滅させた子供。実験体No28号。 ) : セリフ無しのため配役なし 

山形 ( 金田の暴走族チームメンバー。鉄雄に殺される ) : 大倉正章

甲斐 ( 金田の暴走族チームメンバー。 ) :  草尾毅

カオリ ( 鉄雄のガールフレンド。鉄雄の意図せぬ力の暴走で死ぬ ) : 淵崎有里子

敷島大佐 ( 大佐と呼ばれる日本軍の指揮官で触れてはならない力を管理しようとする ) : 石田太郎

ドクター ( ナンバーズの力の管理をする医師 ) : 鈴木瑞穂

タカシ ( 施設から逃亡していたナンバーズの子供。実験体No26号。 ) : 中村龍彦

マサル ( ナンバーズの子供。自身の念動力で浮かぶカプセルに乗る。実験体No27号。 ) : 神藤一弘

キヨコ ( ナンバーズの女の子供。予知能力がある。実験体No25号。 ) : 伊藤福恵

( レジスタンスのリーダー ) : 玄田哲章

根津 ( 大佐の起こしたクーデターで失脚・心臓発作で死ぬ政治家 ) : 大竹宏

ミヤコ ( 宗教団体の教祖で、元はナンバーズの実験体No19号だった。 ) : 北村弘一

ハゲ店長 ( 金田たちが待ち合わせに使うバーの店長。鉄雄に殺される ) : 秋元羊介

ジョーカー ( 暴走族クラウンのリーダー ) : キャスト不明

 

製品基本情報

 

発売年 2020年発売
本編時間  4K-UHD / BD共に124分
映像特典 ※BDボーナス・ディスクにのみ収録 ・AKIRA SOUND MAKING 2019

・AKIRA SOUND CLIP BY 芸能山城組

・エンドクレジット(1988年公開版)

・絵コンテ集(静止画)

・劇場特報・予告集

ディスク情報 4K-UHD / ディスク1枚/2層収録100GB・H265 / HEVC方式

BD / ディスク1枚/2層収録50GB・H264/AVC方式

ボーナス・ディスクBD / ディスク1枚/2層収録25GB・H264/AVC方式

映像収録情報 4K-UHD / 16✕9 ( 1.78 :1 )3840✕2160p

BD / 16✕9 ( 1.78 :1 )1920✕1080p

ボーナス・ディスクBD / 16✕9 ( 1.85 :1 )1920✕1080p / 4✕3 1080i

音声収録情報 4K-UHD / ドルビーTrueHD5.1ch 日本語 ( 192kHz 24bit )

ドルビーデジタル5.1ch 日本語

LINER PCM ドルビーサラウンド 日本語

ドルビーTrueHD5.1ch 英語

BD /ドルビーTrueHD5.1ch 日本語 ( 192kHz 24bit )

ドルビーデジタル5.1ch 日本語

LINER PCM ドルビーサラウンド 日本語

ドルビーTrueHD5.1ch 英語

ボーナス・ディスクBD / LINER PCM ステレオ・モノラル

字幕情報 4K-UHD / BD 共に

日本語字幕

英語字幕

定価 / 実売価格帯 9800円+税 / 8000円前後※記事作成時点の価格ですので変動あり・購入前には必ずご自身でご確認ください
発売元 株式会社バンダイナムコアーツ

 

※私の視聴環境

 

金欠なのでビンテージものばかりですが・・・画も音もお気に入りです。

TVモニター

※AVアンプがあるためモニター用途として使用

東芝 CELL REGZA 46XE2
4Kブルーレイレコーダー パナソニック DMR-4W200
AVアンプ パイオニア SC-LX86

→2020/4/25日にDENON AVC-X8500Hにグレードアップ

9chスピーカー ( イマーシブオーディオ非対応→DENON AVC-X8500H購入で対応完了 ) メイン・サラウンド・サラウンドバック=デノン SC-700✕3組

センター=デノン SC-E757✕1本

フロントハイト=KEF Q300 ( リニューアル版 )✕1組

ウーファー ヤマハ YST-SW800✕1基

 

私が未だに4Kテレビを導入しないというか導入できなくなっている理由はこちら↓ 

なぜ4K-UHDなのに2Kテレビでレビューしているのかが分かります。

4Kテレビの画質ってどう思います?その必要性に大きな疑問符が

 

まとめ

 

かなり期待と不安が入り交じった状態で商品の到着を待っていましたが、画質は非常にガッカリでした。

 

確かにかなりのクオリティアップはされていますが、正直この商品を所有する事にあまり喜びが無く、以前から持っていたBlu-ray盤と感覚的に変わらず。

「AKIRAという素晴らしい作品を現時点での最高品質でコレクション出来ているだけ」です。

本物のネイティブ4Kの映像を観る感激や感動などありません。

 

まあ、あの超高画質のルパン三世劇場版2作品の4K-UHDですら本物のネイティブ4K感は無かったので、手書きで制作されたアニメーションは4K-UHDで制作する意味が無いのかも。

 

今の時点での最高の状態の「AKIRA」を手に入れるという目的では、この4K-UHD盤は買う価値があります

「フィルムの粒子感があってこその映画だ ! 補正されたものは本来のものではない、邪道だ ! 」という方にも非常に価値があるでしょう。

 

しかし、4Kネイティブの「未体験の超絶画質」を期待すると非常にガッカリします

そういう点ではとても平凡な印象しか受けなかったので。

ネイティブ4Kの洋画で体験できる、眼を見張るような超高精細映像とは比べ物になりませんね。

 

画質はいまいちでしたが、音声はまさしく未体験の超高音質・怒涛の音響効果

この音は旧BD盤には出せないので、このセットのオンリーワンの魅力ですよ。

 

さあ、あなたはどうしますか ?

 

 

4K-UltraHDレビュータイトル一覧

 

-4K UHDレビュー, BDレビュー, 劇場アニメ, 名作アニメ

Copyright© ハイデフ・マニア|やっぱ高画質じゃないとね! , 2020 All Rights Reserved.