BDレビュー 劇場アニメ 名作アニメ

ライオン・キング / ダイヤモンド・コレクション Blu-rayレビュー

Pocket

ライオン・キング ダイヤモンド・コレクションBlu-rayパッケージ表面

ライオン・キング」の4K-UltraHD版の画質にガッカリしたので、ダイヤモンド・コレクション版のBlu-rayを買い直しました。

4K-UltraHD版とどのように違いがあるか、画質、音質のレビューをしますね。

 

※以下4K-Ultra HD Blu-rayを4K-UHD、Blu-rayをBDと略します。

 

管理人のレビュー方針・評価能力について

ちなみに私、大人気漫画「 キングダム 」でいうと「 麃公 ( ひょうこう ) 将軍」タイプの本能型なので、上手く作品の評論が出来ません。

「良いか悪いか」、「面白いか面白くないか」は直感的に感じられるけど、どこがどうだから面白いか、という細かいところは気にしないし表現出来ません。

ですから、作品に対する深い考察みたいなものはAmazonレビューとかでも上手に語っている方が沢山いらっしゃるのでそちらにお任せします。

基本観て内容が気に入ったものしか買いませんので、パッケージソフトでレビューしてるものはお気に入りの作品ということでご理解ください。

そういうことで画質・音質中心のレビューをしますね。

画質・音質レビューも「綺麗か汚いか」、「音が良いか悪いか」のみで、「コントラスト」がどうの「白浮き」がどうの「ダイナミックレンジ」がどうのみたいなことは判りません。

その代わり、私は「スーパーリアルイラスト」という写真のような絵が描ける能力があり、そのため画像判別能力は普通ではないことを記しておきますので判断材料にしてください。

耳も普通よりは良いと思いますが、なんせもう50才になるので若い頃聞こえてた音が聞き取れなくなっています。

音質面の詳細なレビューは少なめです。

 

作品評価 8点
画質評価 9点
音質評価 6点

 

 

ライオン・キング / ダイヤモンド・コレクション Blu-rayの画質面

ライオン・キング ダイヤモンド・コレクションBlu-rayディスク

「クッキリ・しゃっきり」の素晴らしい画質。

 

色彩も濃く鮮やかで、何もかもが薄い4K-UHDと違ってとても存在感のある映像です。

フィルム・グレインの「粒子感」も全くありません。

 

「柔らかくスムーズな映像」という「ディズニー作品らしさ」は4K-UHD版の方が感じられます。

でも私は断然このダイヤモンド・コレクション版が好み。

 

実際買ってみるまで品質は分かりませんでしたが、結果BDに買い替えて大正解でした。

 

クッキリが良いか、優しいなめらかさが良いか、お好みで選べば良いでしょう。

 

ライオン・キング / ダイヤモンド・コレクション Blu-rayの音質面

 

音声はDTS HDマスターオーディオ7.1ch仕様

 

音質に関しては、完全に4K-UHD盤の圧勝ですね。

 

セリフの生々しさや効果音のリアルさ、音楽やコーラスの素晴しさなど、かなり物足らないんです。

ボリュームが同じだと、4K-UHDでは「聞かなくても自然に聴こえてしまう」くらいに情報量の多さや鮮度の高さがありますが、ダイヤモンド・コレクションのBD盤だと「聞こうとしないと」聴こえて来ません。

 

ボリュームも上げないと物足りないですね。

音響もちょっと単調に感じます。

 

でも「後方の音場」はこちらの方が良く鳴り、音の広がりはかなり良いです。

音に包まれる感じもある。

 

4K-UHD盤の「ドルビー・アトモス音声」を聴かなければ、充分な品質だと思いますが、「ハイレゾとCDの音の違い」と同じで、聴いてしまうと大きな差を感じます。

しかし、ボリュームを上げればかなり良くなりますよ。

 

作品基本情報

 

監督 ロジャー・アレーズ / ロブ・ミンコフ
脚本 ジョナサン・ロバーツ / アイリーン・メッキ / リンダ・ウールヴァートン
制作 ドン・ハーン
製作総指揮 トム・シュマッカー / サラ・マッカーサー
音楽 ハンス・ジマー
主題歌「サークル・オブ・ライフ」 エルトン・ジョン
劇場公開年 1994年公開
キャスト シンバ ( 主人公。王国の王子で、王弟のスカーの策略により王国を去る ) : マシュー・ブロデリック

ティモン ( シンバの親友となるミーアキャット ) : ネイサン・レイン

プンバァ ( ティモンの相棒でシンバの親友となるイボイノシシ ) : アーニー・サベラ

ナラ ( ヒロイン。シンバの幼馴染で後に結ばれる ) : モイラ・ケリー

ムファサ ( 王国の王でシンバの父。王弟の策略により命を落とす ) : ジェームズ・アール・ジョーンズ ( ダース・ベイダー ! )

サラビ ( ムファサの妻でシンバの母。 ) : マッジ・シンクレア

ザズー ( 王国に仕える執事の鳥 ) : ローワン・アトキンソン ( Mr,ビーン ! )

ラフィキ ( 王国の呪術師で年老いたヒヒ。 ) : ロバート・ギローム

スカー ( 王であるムファサの弟。狡猾な悪党で王国の敵 ) : ジェレミー・アイアンズ

シェンジ ( ハイエナトリオのメスのリーダー ) : ウーピー・ゴールドバーグ

バンザイ ( ハイエナトリオで気の荒いオス ) : チーチ・マリン

エド ( ハイエナトリオでいつも笑ってばかりのオス ) : ジム・カミングス

 

製品基本情報

 

発売年 2015年発売
本編時間 88分
映像特典 ・初公開! NGシーン集

・製作の舞台裏
-『ライオン・キング』の伝説
-『ライオン・キング』:完成までの道のり
-未公開シーン(監督のロジャー・アラーズとロブ・ミンコフによる解説付き)

・音楽の世界
-シング・アロング(英語版)
-エクステンデッド・シーン:♪朝のご報告

・インタラクティブ・アート・ギャラリー

・ティモンとプンバァのブルーレイ3D案内

・音声解説
-ロジャー・アラーズ(監督)、ロブ・ミンコフ(監督)、ドン・ハーン(製作)

ディスク情報 ディスク1枚/2層収録50GB・H264/AVC方式
映像収録情報 16✕9 ( 1.78 :1 )1920✕1080p
音声収録情報 DTS HDマスターオーディオ7.1ch 英語

DTS HDマスターオーディオ7.1ch 日本語

字幕情報 日本語字幕

英語字幕

定価 / 実売価格帯 4000円+税 / 3000円前後※記事作成時点の価格ですので変動あり・購入前には必ずご自身でご確認ください
発売元 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

 

※私の視聴環境

 

金欠なのでビンテージものばかりですが・・・画も音もお気に入りです。

TVモニター

※AVアンプがあるためモニター用途として使用

東芝 CELL REGZA 46XE2
4Kブルーレイレコーダー パナソニック DMR-4W200
AVアンプ パイオニア SC-LX86

→2020/4/25日にDENON AVC-X8500Hにグレードアップ

9chスピーカー ( イマーシブオーディオ非対応→DENON AVC-X8500H購入で対応完了 ) メイン・サラウンド・サラウンドバック=デノン SC-700✕3組

センター=デノン SC-E757✕1本

フロントハイト=KEF Q300 ( リニューアル版 )✕1組

ウーファー ヤマハ YST-SW800✕1基

 

まとめ

 

ダイヤモンド・コレクション版BDと4K-UHD版とでは、画質優位のBD、音質優位の4K-UHD、となりました。

 

4K-UHD版の「5,000円前後」という価格を考えると品質が見合っていないと思いましたので、私はダイヤモンド・コレクションのBDを選んだわけです。

 

メルカリの中古でだいたい2,000円前後からあるので、価格的にもおトク。

 

あなたはどちらを選びますか?

 

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥4,567 (2020/12/03 10:25:40時点 Amazon調べ-詳細)

 

※「おまけ」でCGリメイクされた「ライオン・キング」について。

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥4,800 (2020/12/02 16:27:43時点 Amazon調べ-詳細)

BDレンタルして観たのですが、記事としてわざわざ感想を書くまでも無かったのでこちらに少し。

 

3DCGの技術はとうとうここまで来たか、という凄いものでした。

シンバの赤ちゃんの頃など猫好きの私にはたまらないものがありましたね。

 

ストーリーもまんまアニメ版そのものという感じ。

 

しかし、その「アニメのまんま」というのが私にはとても受け入れられなかった。

 

というのも、物語の舞台となる「プライド・ランド」ではライオンの王「ムファサ」にサバンナの動物たちが慕い集まっているというものなのですが、捕食される側の草食動物たちが捕食するライオンを名君として慕っているわけです。

 

手描き版は完全に「アニメ」だったから違和感ありながらもまぁ受け入れられていた。

 

しかし、新しいフルCG版は異常なほどキャラクターの動物たちがリアル。

あれだけリアルになってしまうと、もはやその違和感は受け入れられるものでは無いですよね。

「そんなわけないじゃん、」と。

 

また、リアルになってしまったからこそ、ライオンのオスはメスに働かせ、ぐうたらで何もせずゴロゴロし、さらにはハイエナが苦労して狩りをして得た獲物を脅して横取りまでしちゃうという現実がどうしても見えてしまって、またまた「こんなのありえないじゃん」となるわけですよ。

現在は「ハイエナ」と「ライオン」には「この物語が作られた当時みんなが持っていたイメージ」と全くの逆だということが判明しています。

現実は「働き者のハイエナ」と「ぐうたらなライオン」なわけです。

 

漫画「バガボンド」の宮本武蔵が、史実では、有名な「佐々木小次郎との巌流島の戦い」で一騎打ちで勝ったのではなく、弟子と共に多数で勝ったということが分かっていますよね。

だから原作者も続きを描くことを止めたのでしょう。

created by Rinker
¥2,688 (2020/12/02 16:27:44時点 Amazon調べ-詳細)

この「フルCG版ライオン・キング」も実際が分かってしまってる以上、作るべきでは無かったと私は思います。

-BDレビュー, 劇場アニメ, 名作アニメ

Copyright© ハイデフ・マニア|やっぱ高画質じゃないとね! , 2020 All Rights Reserved.