4K UHDレビュー 洋画

うおおお!即予約!スターウォーズサーガ4K-UHDが全作出るぞ!やったぜ

2020年3月6日

Pocket

スターウォーズ サーガ 4K-UHD先日、米国でスターウォーズ / スカイウォーカー・サーガ4K-UHD/Blu-rayBOXセットとローグ・ワンの4K-UHD/Blu-rayセットの発売が発表されたので、日本でも出るだろうと思っていたら

やっぱり出たよ!当然だけど。笑

 

しかも思っていたより早くて、3月31日の米国発売から約1ヶ月後の4月29日発売

 

スカイウォーカー・サーガ4K-UHD/Blu-rayBOXセットのBlu-ray盤は、本編ディスクではなくボーナス映像のみのディスクです ! 間違って手持ちのBlu-ray盤を売ってしまわないように !!!

 

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥41,500 (2020/12/02 14:38:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

スターウォーズシリーズは4Kで発売されるんだろうか?と心配してたんですけどその心配も吹っ飛びましたね。

めっっちゃ嬉しいんですけど・・・♪♪♪

 

どうやらコンプリートセットは数量限定らしいので、55,000円もするんだけど、手に入らなかったらイヤだからAmazonで速攻予約ボタンをポチりましたよ。

待ちに待ったオリジナルトリロジーの4K化ですから、もう金額関係なしです!

→注文後に見たら42,351円になってました !!

楽天は1円安い。

 

※注・金額は全て記事制作時点の価格です。必ずご自身でご確認ください。

 

単品で買い揃えたほうが安いのかもと考えましたが、記事を書いた時点で既発売の「最後のジェダイ」はいまだに6,400円するし、「スカイウォーカーの夜明け」も6,800円、「ローグワン」は7,200円となっていますから、単品版は6,000円を切ることは無いんじゃないでしょうか ?

パッと見超高額に感じますが、結局はボックスセットのほうが安く買えるでしょう。

→改正金額で計算すると、1作品あたり4,706円ですから、ボックスセットがはるかに安いですよ !

ディズニー・ジャパンのリリースで1作品あたりこの価格は安い !!

浮いたお金でローグ・ワンも予約しちゃいました。

 

いやぁ、これを買わずになにを買う !!! ですよ。

 

※米国版は30,000円を切る価格のようですが、残念ながら「日本語字幕・日本語吹き替え音声」はありません

また、国内版のほうが画調が良い場合が多いので、私は出来る限り大切な作品は国内版を買うようにしています。

それと海外盤と日本盤の価格差は、字幕や吹き替え収録などのコストの上に、昨今の動画配信サービスの台頭によりディスクメディアが売れなくなって来ているという点もあるのではないでしょうか?

消費者から叩かれても、売上がなくなってきているので存続のために価格を上げざるを得なくなっているのではないかと。

同じく叩かれまくっている「4K-UHDに本来消費者としては必要がないはずのBlu-rayを抱き合わせて販売する」のも、少しでも利益を確保するためなのかも。

私はBlu-rayや4K-UHDのディスクがメーカー倒産などにより消えてしまうことが怖いので、お布施と思って出来る限り国内版を買おうと思っています。

 

 

もちろん収録作品は

エピソード1/ファントム・メナス

エピソード2/クローンの攻撃

エピソード3/シスの復讐

エピソード4/新たなる希望

エピソード5/帝国の逆襲

エピソード6/ジェダイの帰還

エピソード7/フォースの覚醒

エピソード8/最後のジェダイ

エピソード9/スカイウォーカーの夜明け

のスカイウォーカー・サーガの全てが収められています。

そして本編4K-UHDディスクの他に、

・ブルーレイ2D 9枚(ボーナス・ディスク)

・オリジナルBOXケース

・オリジナル・ディスクケース

・オリジナル・ビジュアルブック

・マーク・ハミルのレター

Amazonより引用

がセットとなっているもよう。

 

意外にも本編ディスクは4K-UHDディスクだけのようで、セットになっているBlu-rayディスクはダブル本編ではなく特典映像などのボーナス・コンテンツのみの収録となっているようです。

「ブルーレイが入っているならダブることになるから、今まで持っていた2K盤は売ってしまおう」、なんて早とちりしないようにお気をつけくださいね

私も旧6部作ボックス・セットを売ろうと考えてしまっていましたから。

危ない危ない。

 

出てくれるのはもう間違いないから、あとはどのくらいの画質になっているかですよね。

一番気になるのは。

 

スター・ウォーズ正史シリーズでは唯一4K-UHD盤が発売されていた「最期のジェダイ」は、良好な画質を所々感じはするものの正直本物の4K画質とは言えないものでしたから、ちょっと不安がよぎるのは確かです。

しかし実際に見てみないと分からないし、出てしまえばそれを享受するしかないので、本物の4K画質に仕上げられていることを祈るばかりです。

 

これだけ世界中に大ファンがわんさかいるんだから、下手な品質で出すと「グラディエーター」のBlu-ray盤の時のように叩かれまくることはメーカーも理解しているでしょう。

 

でも・・・70mmとかじゃなくフィルムにお金かかっていなさそうだから、やっぱり「ブレードランナー」みたいにザラッザラなんだろうか・・・うう・・・。

 

一応音声はドルビーアトモス仕様になっているのは安心しました。

でも「グレイテスト・ショーマン」のような例もあるので気は抜けません。

 

※2020年5月4日追記

届いた商品のとりあえずのカンタンなレビューを書きました。

こちらへどうぞ。

スター・ウォーズ 4K スカイウォーカー・サーガが届いた!感激の体験

 

あとは、私たちリアルタイム世代が一番気がかりなのは、本物の「オリジナル」トリロジーバージョンが収録されているかどうかです。

途中でCGなどを追加された「特別編」ではなく、SFXと呼ばれていた特殊視覚効果のままの全くいじっていないバージョンこそが、本物のオリジナルトリロジー。

 

私たちにとっては何十回とむさぼるように観たオリジナル・バージョンこそ、本物のスターウォーズなんですよね。

 

味のあるチャチな視覚効果をもう一度観たい

4Kの高画質で

劇場でも体験出来なかった高画質で

 

現存で唯一本当のオリジナルサーガが収録されているレーザーディスクのBOXは手放せずにまだ持ってるけど、超高画質に慣れてしまった私の眼にはやっぱり鑑賞に耐えられるものじゃないんですよ。

 

頼むからあのオリジナルバージョンも収録していてくれ・・・・!!!!!

 

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥41,500 (2020/12/02 14:38:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

-4K UHDレビュー, 洋画

Copyright© ハイデフ・マニア|やっぱ高画質じゃないとね! , 2020 All Rights Reserved.